スマートフォン版へ

サウンドトゥルーが突き抜けGI初制覇!/東京大賞典・大井

  • 2015年12月29日(火) 17時45分
 29日、大井競馬場で第61回東京大賞典(GI・3歳上・ダ2000m・1着賞金8000万円)が行われ、中団でレースを進めた大野拓弥騎手騎乗の3番人気サウンドトゥルー(セ5、美浦・高木登厩舎)が、直線で外から脚を伸ばして、2番手追走から一旦は抜け出した1番人気ホッコータルマエ(牡6、栗東・西浦勝一厩舎)を捕らえ、これに1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分3秒0(良)。

 さらに6馬身差の3着には、これで引退となる6番人気ワンダーアキュート(牡9、栗東・佐藤正雄厩舎)が入った。なお、道中逃げた2番人気コパノリッキー(牡5、栗東・村山明厩舎)はワンダーアキュートとクビ差の4着に終わった。

 勝ったサウンドトゥルーは、父フレンチデピュティ母キョウエイトルースその父フジキセキという血統。本レース連覇の王者ホッコータルマエを見事に下し、初めてのGI制覇を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
サウンドトゥルー(セ5)
騎手:大野拓弥
厩舎:美浦・高木登
父:フレンチデピュティ
母:キョウエイトルース
母父:フジキセキ
馬主:山田弘
生産者:岡田スタッド
通算成績:32戦8勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2015年日本テレビ盃(GII)

大野拓弥騎手のコメント】
 一戦一戦強くなっていて、(年間)最後の東京大賞典を勝って締めくくれて良かったです。
 (道中は)展開は向いていると思っていましたが、思ったよりペースが速くて追走に苦労しました。手応えも十分ではなかったのですが、気合いをつけると食らいついていく姿勢を見せてくれましたので、いけるかなと思いました。相手(ホッコータルマエ)もさすがにGIを何勝もしている馬だけに接戦になりましたが、勝てて良かったです。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す