スマートフォン版へ

2歳王者リオンディーズが始動/弥生賞の見どころ

  • 2016年02月29日(月) 12時02分
 無敗の2歳王者リオンディーズがいよいよ始動。同馬が無傷の3連勝を決めて皐月賞へ向かうか、朝日杯FSで敗れたエアスピネルが逆襲するか、それとも両馬と初対戦のマカヒキが一気に主役の座を奪うか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■3/6(日) 弥生賞(3歳・GII・中山芝2000m)

 リオンディーズ(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)は新馬戦を勝って挑んだ朝日杯FSで、最後方待機から直線で一気にエアスピネルを捕らえて優勝。史上初となる、キャリア1戦での朝日杯制覇を果たした。2000mの新馬戦ではかなり掛かっていただけに、今回は折り合いがカギとなりそうだが、そんな懸念は吹き飛ばすような内容を見せてほしいところだ。

 エアスピネル(牡3、栗東・笹田和秀厩舎)は断然の人気を背負った朝日杯FSで、一旦は期待どおりに抜け出したものの、リオンディーズの強襲にあい2着に敗れた。しかし本馬も3着馬には4馬身差をつけており、世代トップクラスの実力の持ち主であることは証明している。ここで朝日杯の雪辱を果たして、クラシックへ向け弾みをつけることができるか。

 マカヒキ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)は新馬戦、若駒Sと2連勝。いずれもムチも使わず楽勝しており、まだ全く底を見せていない。ここでリオンディーズらも破って3連勝を決められれば、一気にこの馬が春のクラシックの主役となるだろう。

 その他、ここと同条件の寒竹賞を勝っているタイセイサミット(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)、ディープインパクト産駒イマジンザット(牡3、美浦・斎藤誠厩舎)なども上位進出を窺う。発走は15時45分。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す