[中央]ニュース

イマジンザットなど、弥生賞厩舎情報/美浦トレセンニュース

[中央] 2016年03月02日(水)19時00分

注目数:6人
コメント数:1件
今回は相手が強いが、先々重賞でやれるだけの力は持っているイマジンザット(撮影:佐々木祥恵)

写真を拡大 写真拡大

今回は相手が強いが、先々重賞でやれるだけの力は持っているイマジンザット(撮影:佐々木祥恵)

 皐月賞トライアルの弥生賞(GII・芝2000m)に美浦から出走する各馬の追い切りが行われた。追い切り後の関係者のコメント。

ヴィガーエッジ(牡3・美浦・池上昌和)について、池上調教師。
「今日は集中力を切らせないように併せ馬で追い切りましたが、終いの反応もしっかりしていていました。弥生賞出走はオーナーの意向もありますが、奥手の血統でこれからまだ良くなっていく段階で、秘めているものもあると思いますので、チャレンジする価値があると考えてここを使うことにしました。

 現状では芝ダート問わず、やれると思います。今回は相手が強くなって力試しの一戦になりますが、2走前の未勝利戦(3着)の時計も優秀でしたし、ここに入ってもそれほど悲観することもないと思います」

イマジンザット(牡3・美浦・斎藤誠)について、斎藤調教師。
「輸送のある中1週続きになりますので、半マイルからサラッとやれば十分だと思い、そのような追い切りにしました。今日は荒れたウッドで下を気にしていましたし、まだ体もしっかりしていないこともあって時計はさほど出ていませんが、負荷は十分かかったと思います。

 中山2000mの未勝利戦で時計的に良い内容で勝てましたし、強いメンバー相手に同じ条件でどこまでやれるかというオーナーの意向もあって、出走させることにしました。このレースが今後の指針になればと思います。前走(つばき賞・500万下・4着)は稍重でしたし、今回は良馬場で改めて期待したいですね。今回は相手が強いですけど、先々重賞でやれるだけの力は持っていると思います」

エディクト(牡3・美浦・二ノ宮敬宇)について、大野拓弥騎手
「掛かる面があるということでしたが、今日は落ち着いていました。雰囲気も動きも良かったです。これまでより距離が延びますが、折り合いに気をつけて乗れば、2000mでもやれると思います」

モーゼス(牡3・美浦・大江原哲)について、大江原調教師。
「今日の追い切りは折り合って運べましたし、あまり速い時計を出したくなかったので丁度良い内容でした。中1週になりますが、状態は良いです。ハナに行きたいのですが、今回は速い馬がいますからね。おさえる必要がなければ、2番手からでも競馬はできるでしょう。切れるタイプではないですし、前に行って持ち味を生かす競馬をしたいですね」

(取材・写真:佐々木祥恵)

【関連記事】
【弥生賞】 2歳王者リオンディーズがいよいよ始動
【チューリップ賞】 桜花賞の前哨戦!最新厩舎情報
【オーシャンS】 混戦短距離戦はプロの予想に注目
【クラシック】 次走報&ボーダーラインをチェック
【女性騎手】 名古屋競馬の木之前葵騎手に独占密着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する