スマートフォン版へ

春の電撃戦を制するのはどの馬か/高松宮記念の見どころ

  • 2016年03月22日(火) 10時00分
 昨年の覇者エアロヴェロシティの回避(21日に疝痛を発症したため)は残念だが、国内の主要メンバーはほぼ揃ったと言っていい高松宮記念。春の電撃戦を制するのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■3/27(日) 高松宮記念(4歳上・GI・中京芝1200m)

 ミッキーアイル(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)は前走の阪急杯を優勝。主戦の浜中俊騎手が負傷のため、松山弘平騎手と新コンビを組んだが、本来の逃げる形で快速ぶりを見せつけた。エアロヴェロシティに雪辱できなくなったのは残念だが、ここは2つ目のGIタイトル奪取が期待される。

 スノードラゴン(牡8、美浦・高木登厩舎)はここで唯一のスプリントGI勝ち馬。約1年3か月ぶりのレースとなった前走のオーシャンSで3着に入り、健在ぶりをアピールした。この一叩きで良くなるのは間違いなく、スプリントGI両制覇の期待が高まる。

 アルビアーノ(牝4、美浦・木村哲也厩舎)は初のスプリント戦となったオーシャンSで5着に終わったが、これはスタートで遅れ、直線でも詰まったせい。適性自体は問題なさそうで、スムーズにやれれば巻き返せるはず。

 ダンスディレクター(牡6、栗東・笹田和秀厩舎)は前走のシルクロードSで重賞初制覇。追い込んで2着という競馬が続いていただけに、前目につけて完勝できたのは大きな収穫だろう。ここも好走が期待できそうだ。

 その他、昨年の2着馬ハクサンムーン(牡7、栗東・西園正都厩舎)、ポテンシャルでは引けを取らないビッグアーサー(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)、前走からの斤量減と距離短縮が大きいウリウリ(牝6、栗東・藤原英昭厩舎)、オーシャンSを勝ったエイシンブルズアイ(牡5、栗東・野中賢二厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す