[地方]ニュース

まず1冠! モダンウーマンが圧倒的人気に応えV!/桜花賞・浦和

[地方] 2016年03月23日(水)16時54分

注目数:21人
コメント数:22件
単勝1.1倍の断然人気に応え桜花賞を制したモダンウーマン(撮影:武田明彦)

写真を拡大 写真拡大

単勝1.1倍の断然人気に応え桜花賞を制したモダンウーマン(撮影:武田明彦)

 23日、浦和競馬場で行われた第62回桜花賞(3歳・牝・ダ1600m・1着賞金2000万円)は、好位でレースを進めた山崎誠士騎手騎乗の1番人気モダンウーマン(牝3、川崎・佐々木仁厩舎)が、直線で内を突いて抜け出し、同じく好位追走から食い下がった3番人気リンダリンダ(牝3、大井・荒山勝徳厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分41秒9(良)。

 さらに3馬身差の3着に7番人気タケショウメーカー(牝3、船橋・山本学厩舎)が入った。なお、2番人気ポッドガゼール(牝3、川崎・八木正喜厩舎)は6着に終わった。

 勝ったモダンウーマンは、父サウスヴィグラス母スマートダズルその父スマートボーイという血統。ローレル賞(川崎)、東京2歳優駿牝馬(大井)、ユングフラウ賞(浦和)に続く重賞4連勝で、南関東牝馬3冠レースの第1弾を制した。

【勝ち馬プロフィール】
モダンウーマン(牝3)
騎手:山崎誠士
厩舎:川崎・佐々木仁
父:サウスヴィグラス
母:スマートダズル
母父:スマートボーイ
馬主:(有)グランド牧場
生産者:グランド牧場
通算成績:10戦7勝(重賞6勝)

【関連記事】
[プロフィール] モダンウーマンの全成績と掲示板
【ドバイWC】 ルメールが語るドゥラメンテの「強さ」
【福永祐一】 福永の目にうつる現在の「武豊」とは
【花田元騎手】 騎手引退を決断した本当の「理由」
【菜七子騎手】 高知の女帝と対決して見えた「収穫」
【クラシック】 次走報&ボーダーラインを「確認」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ききょうさん
    ききょうさん
    サウスヴィグラス産駒が地方で活躍する率が高いのを初めて知りました。
    そうか、参考にします。

    2016年03月29日(火)15時31分

    いいね! いいね!:0
  • じょんさん
    じょんさん
    安定のサウスヴィグラス産駒

    2016年03月24日(木)16時21分

    いいね! いいね!:1
  • クライスト教授さん
    クライスト教授さん
    人気どおりの順当勝ち。
    道中ずっと先行の内ラチで控え、直線で先に外から仕掛けた2着馬(真島)に内をすくって抜け出すという実力違いの王道競馬。
    これだけ素直な競馬が出来るなら、鞍上は安心してレースが運べるので騎手の腕が上がれば上がるほどもっと強い競馬が見せられるでしょう。
    ただ、この次は距離が伸びるので、これで当世代の女王とはまだ断言できないのも確か。
    これからが鞍上(山崎誠)の腕が問われるでしょう!

    2016年03月24日(木)06時52分

    いいね! いいね!:0