スマートフォン版へ

エイシンチャンプ、地方に移籍

  • 2005年12月15日(木) 18時00分
 15日、02年朝日杯フューチュリティS(GI)を制したエイシンチャンプ (牡5、栗東・瀬戸口勉厩舎)が、明日16日付でJRA競走馬登録を抹消されることになった。今後は大井の堀千亜樹厩舎に移籍する予定。

 エイシンチャンプは、父ミシエロ母エイシンミシガン(その父Manila)という血統。02年6月にデビューし、3戦目に初勝利。ききょうS(OP)、デイリー杯2歳S(GII)を共に4着、萩S(OP)、黄菊賞(500万下)を共に2着とし、続く京都2歳S(OP)では、後の菊花賞ザッツザプレンティに競り勝ち2勝目を挙げた。そして迎えた9戦目、 朝日杯フューチュリティS(GI)は、8番人気の低評価ながらサクラプレジデントをクビ差退け優勝。JRA最優秀2歳牡馬に輝いた。年明け初戦となった03年弥生賞(GII)は、4頭がタイム差なしで並ぶ大接戦をハナ差抜け出し快勝。皐月賞(GI)では同厩舎の1番人気ネオユニヴァースに0.6秒差の3着に敗れた。続く日本ダービー(GI)は10着に敗れるなど、以降は精彩を欠き、04年鳴尾記念、05年小倉大賞典(共にGIII)で3着に入ったほかは、目立った成績は残せなかった。今月11日の鳴尾記念(GIII)でも見せ場なく11着と大敗し、03年弥生賞を最後に勝ち星から遠ざかっていた。通算成績34戦4勝(重賞2勝)。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す