[中央]ニュース

ゼーヴィントが突き抜け重賞初V! ディープ産駒連覇/ラジオNIKKEI賞

[中央] 2016年07月03日(日)18時25分

注目数:42人
コメント数:31件
ゼーヴィントが突き抜け重賞初制覇(撮影:下野雄規)

写真を拡大 写真拡大

ゼーヴィントが突き抜け重賞初制覇(撮影:下野雄規)

 3日、福島競馬場で行われたラジオNIKKEI賞(3歳・GIII・芝1800m)は、中団でレースを進めた戸崎圭太騎手騎乗の1番人気ゼーヴィント(牡3、美浦・木村哲也厩舎)が、直線で脚を伸ばして各馬を差し切り、最後は好位追走から渋太く伸びた9番人気ダイワドレッサー(牝3、美浦・鹿戸雄一厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分47秒0(良)。

 さらにアタマ差の3着に5番人気アーバンキッド(牡3、美浦・斎藤誠厩舎)が入った。なお、3番人気アップクォーク(牡3、美浦・中川公成厩舎)は4着、2番人気ブラックスピネル(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)は5着に終わった。

 勝ったゼーヴィントは、父ディープインパクト母シルキーラグーンその父ブライアンズタイムという血統で、これが重賞初制覇。昨年のアンビシャスに続くディープインパクト産駒の連覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
ゼーヴィント(牡3)
騎手:戸崎圭太
厩舎:美浦・木村哲也
父:ディープインパクト
母:シルキーラグーン
母父:ブライアンズタイム
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:6戦3勝(重賞1勝)

【関連記事】
[プロフィール] ゼーヴィントの全成績と掲示板
[レース結果] ラジオNIKKEI賞全着順・払戻金
【藤岡佑介】 対談!ルメールがリスペクトする武豊
【小林淳一】 教え子たちの活躍こそが何よりの喜び
【亀谷敬正】 南関予想士と語る競馬予想の本質とは
【加藤祥太】 小6から詳しすぎた競馬に関する知識
【ブチコ弟】 白毛馬シロニイは魚目(さめ)の持ち主

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • EG6さん
    EG6さん
    ハンデ戦だから面白いんだろ!

    2016年07月04日(月)22時44分

    いいね! いいね!:0
  • ナオッキーさん
    ナオッキーさん
    ↓福島競馬場は「地方」の競馬場ではありません。一般的には「ローカル」あるいは四大競馬場開催時における「第3場」でしょう。

    2016年07月04日(月)09時46分

    いいね! いいね!:0
  • 古澤氏の信者さん
    古澤氏の信者さん
    ディープ×ブライアンズタイム!!

    2016年07月04日(月)01時31分

    いいね! いいね!:3