[海外]ニュース

ベルモントパークで到達順を誤発表 約5万ドルの「持ち出し」に

[海外] 2016年07月05日(火)13時55分

注目数:32人
コメント数:20件

 ニューヨーク州のベルモントパークで1日、主催者が到達順位を誤って発表。払い戻しが始まった後に訂正されるという珍事があった。

 事件が起きたのは、この日の第8競走に組まれた牝馬限定の一般戦(芝8.5F)で、勝ったのは1.7倍の1番人気に推されていた馬番1番のアカティー(牝4)。半馬身差の2着は、馬番4番のナウパワー(牝4)と馬番5番のジェイシーズシューティングスター(牝4)の2頭が同着に。

 問題はその後で、正しくは馬番2番のカミングアトラクション(牝4)が2着馬2頭から半馬身差の4着に入線したのに、担当審判はなぜか、カミングアトラクションにハナ差及ばぬ5着だった馬番3番のペイジ(牝4)を、4着馬として発表してしまったのだ。

 4着まで順番通りに当てるスーパーフェクタは、2着が同着だったため「1-4-5-3」と「1-5-4-3」の2通りを的中馬券として、払い戻しが始まった。

 ところが確定から15分後、トラカス(出走各馬のラップを自動計測するシステム)のチャートを確認していた裁決委員の一人が誤りに気づき、着順の訂正を発表。同時に、スーパーフェクタの的中フォーカスを「1-4-5-2」と「1-5-4-2」に修正した。

 ただし、馬番3番のペイジ絡みの馬券も引き続き、的中馬券として払い戻しを継続する措置をとったため、主催者のニューヨーク競馬協会は5万ドル程度の「持ち出し」となることになった。

 ニューヨーク競馬協会は、原因の究明と再発の防止に全力を挙げる旨を発表している。

(文:合田直弘)

【関連記事】
【藤岡佑介】 対談!ルメールがリスペクトする武豊
【小林淳一】 教え子たちの活躍こそが何よりの喜び
【亀谷敬正】 南関予想士と語る競馬予想の本質とは
【加藤祥太】 小6から詳しすぎた競馬に関する知識
【ブチコ弟】 白毛馬シロニイは魚目(さめ)の持ち主

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ききょうさん
    ききょうさん
    競馬開催もいろいろ大変ですね。日本でもこのような事故が起こらないことを願うしかありません。 窓口のお姉さんご苦労様。

    2016年07月23日(土)00時53分

    いいね! いいね!:0
  • さん
    さん
    そのレース買ってた奴らは納得いくの?全馬券分、返金すべきでしょー 返金したうえで、該当馬券を払い戻すなら分かるけどね・・・

    2016年07月06日(水)20時59分

    いいね! いいね!:0
  • さすらいの巨匠さん
    さすらいの巨匠さん
    昔、阪神競馬でもあった様ですね。(枠連)

    2016年07月06日(水)08時58分

    いいね! いいね!:0