[中央]ニュース

マカヒキ、出国1週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

[中央] 2016年08月11日(木)13時15分

注目数:21人
コメント数:22件
追い切りは数字的にも申し分なく、極めて順調な状態で移動できそうなマカヒキ(撮影:井内利彰)

写真を拡大 写真拡大

追い切りは数字的にも申し分なく、極めて順調な状態で移動できそうなマカヒキ(撮影:井内利彰)

 ニエル賞(9月11日・シャンティイ芝2400m)をステップにして、凱旋門賞(10月2日・シャンティイ芝2400m)を目指すマカヒキ(栗東・友道康夫厩舎)。今朝11日はレースでも騎乗が予定されているC.ルメール騎手が跨って、アドマイヤキズナとの併せ馬を行っている。

 角馬場で大江祐輔調教助手からジョッキーに乗り替わり、アドマイヤキズナとともに閑散としたCWへ正面から入場。1コーナーに入る地点から、3馬身ちょっとの距離で追走。2コーナー手前ではすでに追い切り態勢だったので、時計をとったが、やはり1F16秒は切っていた。

 いい感じで向正面に入ったが、前との差はどんどん詰まっていく。だからといって、折り合いを欠いているわけではなく、1馬身の後ろの位置にサッと収まる。そこからまた少し差があいて、直線では2馬身ほど後ろから内に進路をとる形。ラスト1F標識手前で鞍上が少し拳を動かしたかなといった程度でスムーズに加速して、最後は楽に1馬身先着。時計は7F97.4〜6F81.8〜5F67.6〜4F52.6〜3F38.5〜1F12.2秒。数字的にも申し分なく、極めて順調な状態で検疫厩舎へ移動することになりそう。

 13日以降は検疫厩舎へ移動するため、他馬が調教を開始する前、午前3時から4時の間に調教馬場を使用することになる。そして、19日に出国する予定となっている。

(取材・写真:井内利彰)

【関連記事】
【藤岡佑介】 池添謙一が語る「四位騎手の戦い方」
【福永祐一】 「逃げ・先行」の騎乗に関する考え方
【小牧太× 的場文男】 トップで居続ける事の難しさ
【橋口慎介】 新規開業&父・橋口弘次郎調教師秘話
【ウマい馬券】 亀谷・井内ら人気予想家陣の勝負予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ゲストさん
    ゲストさん
    何故ルメールが乗るかって?
    そりゃ元々ルメールが乗ってた馬だからでしょ
    川田とルメールどっちに乗せるか?
    そりゃ海外経験豊富のルメールにするでしょ普通の馬主なら

    2016年08月12日(金)00時52分

    いいね! いいね!:2
  • お弟子さん
    お弟子さん
    頑張れ?(*σ´ェ`)σ!

    2016年08月11日(木)21時25分

    いいね! いいね!:3
  • みなとあかねさん
    みなとあかねさん
    現地追い切りでは笹川翼乗っけんのかな?((

    2016年08月11日(木)20時36分

    いいね! いいね!:0