スマートフォン版へ

藤田菜七子 放馬でまさかの除外で涙 英国の女性騎手招待競走

  • 2016年08月19日(金) 22時18分
 “世界デビュー”は、ほろ苦い結果となった。イギリスのサンダウンパークで19日に行われた「レディースワールドチャンピオンシップ」の第13戦(純血アラブ、芝1600メートル)にJRA代表として参戦するはずだった藤田菜七子騎手(19)=美浦・根本康広厩舎=だが、レース前のパドックで立ち上がった騎乗馬に振り落とされ、まさかの放馬。競走除外となり、レースに参加することができなかった。人馬ともに軽傷で済んだが、除外が決まると無念の涙をこぼした。

 同シリーズは、アラブ首長国連邦アブダビのファティマ・ビント・ムバラク妃殿下が各国の女性騎手を招待する競走。今回は10カ国10人が参加。プロは菜七子以外に豪州、韓国代表だけで、他の7人はアマチュア騎手だった。今年は世界各地で年間14戦を争い、11月13日にアラブ首長国連邦アブダビで第15戦「ファイナル」が行われる。そこに主催者は菜七子を招待する意向であることが分かった。

 JRAの女性騎手としては、細江純子元騎手(99年シンガポールで日本人女性騎手として海外初V)以来、2人目となる海外での騎乗を目指して渡英。9日に19歳を迎え、今回がプライベートも含めて初めての海外となった菜七子だが、まさかの結果に終わってしまった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す