[生産地]ニュース

ウインバリアシオンお披露目「沢山のファンに囲まれ、幸せ」

[生産地] 2016年09月17日(土)19時30分

注目数:135人
コメント数:39件
今年は35頭に種付け、種牡馬1年生として上々のスタートを切ったウインバリアシオン(撮影:花岡貴子)

写真を拡大 写真拡大

今年は35頭に種付け、種牡馬1年生として上々のスタートを切ったウインバリアシオン(撮影:花岡貴子)

 17日、青森県の八戸家畜市場にてウインバリアシオンのお披露目会が開催された。昨年夏に続き、2回目の試み。生産者だけでなく一般ファンも入場できるとあって、全国から約120名の方々が集まった。

 ウインバリアシオンはセキュリティや検疫などの理由から日ごろは見学が出来ない。そこで繋養主のスプリングファーム・佐々木さんの「ファンの多い馬なので、年に一度だけでも皆さんにお見せできたら」という考えを基に開催されている。

 一般的に、牡馬は種付けを覚えると気性が荒くなると言われている。

「そんな理由で、今年は昨年よりうるさくて扱いにくいのでは?と案じていたのですが、昨年より今年のほうがおとなしかったですね。昨年は途中で馬が飽きてきたのですが、今年はお腹がすいたようで途中で地面に生えている草を食べ始めるほどノンビリしていました」

 遠方では九州から来られている方もいた。

「今年は35頭に種付けできまして、種牡馬1年生として上々のスタートが切れました。これも沢山の関係者の方々のおかげで感謝の気持ちでいっぱいです。そして今日はこれだけ沢山のファンに囲まれました。バリは本当に幸せものです」

(取材・写真:花岡貴子)

【関連記事】
【福永祐一×モレイラ】 香港の騎手は気が抜けない
【小牧太】 告白…今だから語れる勝てなかった苦悩
【藤岡佑介×坂井瑠星】 師匠・矢作師孝行への決意
【木幡初也】 憧れのデットーリの騎乗に刺激を受け
【ウマい馬券】 亀谷・井内ら人気予想家陣の勝負予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • さん
    さん
    強いのがでそうだけど、体質面は気になるな?

    2016年09月21日(水)08時11分

    いいね! いいね!:0
  • うま好き爺さん
    うま好き爺さん
    大きな怪我もしたし、将来が心配だったがまずは幸せそうな余生が送れていてよかった。
    青森から活躍馬を出していくのは大変だと思うが、ハーツクライの血を繋いでいくためにも幸運を祈りたいですね。

    2016年09月18日(日)11時52分

    いいね! いいね!:17
  • オウケンブルーベリーさん
    オウケンブルーベリーさん
    バリさん本当に愛されてるなぁ。
    色々あったけど今がとても幸せそう。産駒が活躍して欲しい!
    全力で応援します!

    2016年09月18日(日)09時52分

    いいね! いいね!:23