[生産地]ニュース

リーチザクラウンが社台スタリオンステーションに移動

[生産地] 2016年10月02日(日)10時53分

注目数:37人
コメント数:30件
社台スタリオンステーションに移動したリーチザクラウン

写真を拡大 写真拡大

社台スタリオンステーションに移動したリーチザクラウン

 9月末日現在、ファーストシーズンサイアーランキング3位と健闘しているリーチザクラウン(10歳、父スペシャルウィーク)が新ひだか町のアロースタッドから、安平町の社台スタリオンステーションに移動した。オーナーサイドの意向によるもの。

 今夏からデビューしている初年度産駒は血統登録数34頭ながらも、中央、地方ですでに8頭が勝ちあがり、7月に勝ちあがったキョウヘイ(栗東・宮本博厩舎)は小倉2歳ステークスで4着と健闘している。来シーズンからは同スタリオンステーションで種牡馬供用される。種付料などは後日発表される。

【関連記事】
【福永祐一】 セントウルで逃げを選択したその理由
【藤岡佑介】 池添騎手が続ける意外なゲン担ぎとは
【小牧太】 勝因と競走馬の難しさについて詳細回顧
【木幡初也】 「弟と接戦になったら絶対に負けない」
【ウマい馬券】 亀谷・井内ら人気予想家陣の勝負予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • totototoさん
    totototoさん
    父似かな。

    2016年10月03日(月)00時00分

    いいね! いいね!:0
  • デリヘルキングオーさん
    デリヘルキングオーさん
    栄転おめでとうございます!(^∇^)

    2016年10月02日(日)22時55分

    いいね! いいね!:1
  • キャラメルマンさん
    キャラメルマンさん
    リーチザクラウン産駒の狙い所は
    ・母方に3×5や4×4の強めのクロスがある
    ・SeattleSlewを刺激する血を持つ
    で平坦芝向きのスピード機動力型
    これから良血母と配合されたら牝馬も活躍してくるでしょう
    楽しみです

    2016年10月02日(日)14時42分

    いいね! いいね!:1