[中央]ニュース

【秋華賞】一夜明け、ヴィブロス陣営「祐一さんの“教える競馬”が結果に繋がった」

[中央] 2016年10月17日(月)10時35分

注目数:61人
コメント数:46件
激走の後も馬房で元気いっぱいの様子のヴィブロスと、担当の安田助手(撮影:花岡貴子)

写真を拡大 写真拡大

激走の後も馬房で元気いっぱいの様子のヴィブロスと、担当の安田助手(撮影:花岡貴子)

 17日、秋華賞(GI)を制したヴィブロスが栗東トレセンで元気な姿を見せた。

 牝馬三冠GIですべて2着だった姉の無念を晴らした妹。馬房の中では大人しく落ち着いた様子だった姉とは違い、妹は終始動き回っている。激走のあとも元気いっぱいの様子だった。

「お姉さんと比べると落ち着きはないですね。でも、2歳から3歳春に比べると大人しくなりました。まぁ、自主トレしているんだ、ということにしています(苦笑)」と安田助手。

 同助手は姉・ヴィルシーナに続いてヴィブロスも担当している。姉の果たせなかった3歳GIを勝てたことについては「ホッとしました」と歓喜の表情だった。

 秋華賞だが、安田助手はゲートについて行ったため、レースは競馬場内を移動するためのバスの車中で見ていた。

「ゲートも速かったし中段で安定した競馬をしていましたね。馬も我慢していましたし、(福永)祐一さんも今まで教える競馬をしてくれていたのでそれが今回に繋がったかな、と思いました。直線では、差し切れるか半信半疑でしたが『差してくれ!』という思いで実況を聞きながら車中で叫んでました(笑)」

 不利のあった紫苑Sとは一変、鮮やかな差し切り勝ちを決めた。

「スムーズに競馬をしたらこれだけの競馬をしてくれるんだな、と改めて思いました」

 春は2回の重賞挑戦はいずれも2桁の惨敗したが、この秋は一変して安定した成績をおさめられるようになった。

「春はヤンチャで頼りないところがありましたが、秋になって大人になり心身ともにしっかりしてきましたね。馬体重はさほど変わりありませんが、充実度というか、筋肉量はアップしています。前走に続き、好調を維持しながら出走できそうだ、という手ごたえは感じていました。そのあたりが競馬で力を出せるようになった原因かな、と思っています」

 戦前、友道師も鞍上の福永騎手を誉めていたが、その思いは陣営も同じだ。

「先ほども言いましたが、祐一さんの“教える競馬”が結果に繋がりました。祐一さんには昔からいろいろお世話になっています。長く縁のあるジョッキーと共にGIで結果を出せて嬉しかったです」

(取材・文:花岡貴子)

【関連記事】
【福永祐一】 若馬の理想的な状態を専門的に解説
【小牧太】 川須騎手披露宴でのマル秘エピソード
【田辺裕信×藤岡佑介】 中舘英二騎手からの助言
【中内田充正】 英大学の「経済学部馬学科」とは
【ウマい馬券】 亀谷・井内ら人気予想家陣の勝負予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • クライスト教授さん
    クライスト教授さん
    「教える競馬」って、内田博幸が教えたんじゃないのかなあ?

    2016年10月20日(木)08時52分

    いいね! いいね!:1
  • たむっちさん
    たむっちさん
    ベストショットですね?。
    元気で何より、次走も良い走りを期待しています。

    2016年10月19日(水)08時42分

    いいね! いいね!:0
  • ゲストさん
    ゲストさん
    かわいい♪

    2016年10月18日(火)18時34分

    いいね! いいね!:0