スマートフォン版へ

【菊花賞 馬体診断】ウムブルフ

  • 2016年10月17日(月) 17時46分
菊花賞・G1」(23日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、菊花賞に出走を予定する各馬をA〜D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【ウムブルフ=評価B】

 首を高くしているように少し周囲を気にしている立ち姿ではあるが、実戦経験を重ねるごとにイレっぽさが薄くなり、レースでの折り合いの進境が著しい。背丈が伸びた分、窮屈な面がなくなり、バランスが取れてきたのは成長の跡。前走の内容からも明らかにストライドが大きくなっている点もうなずける。少し間隔はあいているが、シャープで無駄な筋肉が付きにくいタイプ。きっちり態勢は整えられてきている。(馬サブロー美浦・石堂道生)

 〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F69秒1-38秒5-12秒8(G強め)。先週ビッシリ攻められたことで、グッと気合が乗ってきた。来週のひと追いで態勢は整う。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す