スマートフォン版へ

【菊花賞 馬体診断】レッドエルディスト

  • 2016年10月17日(月) 17時46分
菊花賞・G1」(23日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、菊花賞に出走を予定する各馬をA〜D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【レッドエルディスト=評価B】

 ダービーまでは前肢が内向気味で後肢を回しながら走るタイプだったが、秋初戦は前肢は変わらないが後肢の回しが目立たなくなった。これはトモ腰がしっかりしてきた証しだろう。500キロ超えだが胴長&脚長のため重苦しさがないことが、息の長い強じんな末脚につながっている。春は筋肉量が豊富でパワーが勝っていた。しかし神戸新聞杯当時も感じたことだが、前腕のボリュームが減ったことでスカッとしたシルエットを手に入れた。いかにも長丁場に適した体つきだが、前走時より馬体のバランスは良化しており上積みは十分。菊に向けて視界は良好だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F53秒1-38秒8-12秒7(仕掛け)。ひと叩きされて、いい頃の活気ある動きに近づいてきた印象。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す