[中央]ニュース

【菊花賞 馬体診断】サトノダイヤモンド

[中央] 2016年10月17日(月)17時46分

注目数:20人
コメント数:27件
サトノダイヤモンド

写真を拡大 写真拡大

サトノダイヤモンド

菊花賞・G1」(23日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、菊花賞に出走を予定する各馬をA〜D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【サトノダイヤモンド=評価A】

 500キロ前後のディープ産駒らしい重厚感がある。皐月賞時は体が角張って皮膚が厚かったが、ダービーは幾分締まって多少丸みを帯びていた。ひと夏越して迎えた秋初戦の神戸新聞杯時は、春よりキ甲が抜けて腰角が取れ前後のバランスが良化。トモの張りを欠いていたあたりは4カ月ぶりだが、それでも前哨戦としては及第点の仕上げだ。高速馬場と化した京都の三千を意識し、余分な脂肪と筋肉を付けずにシャープなシルエットを誇示。トモのボリュームは少し物足りないが、これは1週前追い、週末、当週の3本で丸みと張りは戻る見立てだ。うっすらとあばらを見せており、前走よりさらに研ぎ澄まされてきた。究極の仕上げと言っていいかもしれない。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F81秒5-37秒4-11秒7(一杯)。サトノラーゼン(4歳オープン)を0秒9追走して0秒6先着。追われると瞬時に反応して、パートナーを置き去りにした。前走の反動はなく、さらなる上昇カーブを描く。

提供:デイリースポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • フェアプレー心裏学さん
    フェアプレー心裏学さん
    やっぱり、このときはガリガリだ。
    まるで別馬。

    2016年12月19日(月)20時58分

    いいね! いいね!:0
  • ゲストさん
    ゲストさん
    わかってないな?!ディープらしい重厚感って馬体重の事を言っているのではないんだよ。着くところに筋肉が付いていて、瞬発力がいかせる馬体だって事でしょ!

    2016年10月21日(金)00時01分

    いいね! いいね!:0
  • ゲストさん
    ゲストさん
    うーーん、、3着か4着くらいかなぁー。。

    2016年10月18日(火)18時23分

    いいね! いいね!:5