スマートフォン版へ

サトノアラジンの重賞2勝目なるか/スワンSの見どころ

  • 2016年10月24日(月) 10時00分
 マイルCSの前哨戦・スワンS。春の安田記念で3・4着のフィエロサトノアラジンや、昨年の覇者アルビアーノなど強豪が揃った。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■10/29(土) スワンS(3歳上・GII・京都芝1400m)

 サトノアラジン(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)は春の京王杯スプリングCで重賞初制覇。続く安田記念では4着だったが、2着のモーリスとはタイム差はなかった。今回が秋初戦だが、休み明けは問題ないタイプ。菊花賞を制した同厩の後輩サトノダイヤモンドに続くことができるか。

 アルビアーノ(牝4、美浦・木村哲也厩舎)は昨年の覇者。今年は初戦のオーシャンSで5着に敗れたものの、続く高松宮記念では3着と実力を見せた。疲れでヴィクトリアマイルを回避したため、今回は約7か月ぶりのレースとなるが、本番につながる走りを期待したいところだ。

 フィエロ(牡7、栗東・藤原英昭厩舎)は安田記念モーリスにハナ差まで迫る3着と好走。マイルCSでも過去2年連続で2着とトップクラスの実力がありながら未だに重賞未勝利だが、ここで決めることができるか。

 その他、連対率100%の京都で巻き返したいダンスディレクター(牡6、栗東・笹田和秀厩舎)、R.ムーア騎手とコンビを組むバクシンテイオー(牡7、美浦・堀宣行厩舎)、京王杯スプリングCで2着のサンライズメジャー(牡7、栗東・浜田多実雄厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す