[生産地]ニュース

クリエイターIIが日本軽種馬協会静内種馬場に入厩

[生産地] 2016年11月14日(月)11時50分

注目数:20人
コメント数:33件
日本軽種馬協会静内種馬場に入厩したクリエイター

写真を拡大 写真拡大

日本軽種馬協会静内種馬場に入厩したクリエイター

 日本軽種馬協会が来シーズンから供用を開始する米国産新種牡馬クリエイターII(3歳、父タピット)が輸入検疫を終えた11月11日、種牡馬生活を送る同協会静内種馬場に入厩した。

 クリエイターIIは、2016年のベルモントS優勝馬で、通算成績は12戦3勝。ベルモントSほか4月のアーカンソーダービーにも優勝している。父が2014年、2015年の米国チャンピオンサイアーで、今年もチャンピオンの座をほぼ確定的にしているタピットということでも注目を集めそうだ。

【関連記事】
【福永祐一】 捨て身覚悟のマクリについての見解
【小牧太】 「小牧太カップ」と「誘導馬マコーリー」
【石神深一】 気性の激しい相棒との刺激的な日常
【別府真衣】 新設女性騎手レース「負けたくない」
【ウマい馬券】亀谷・井内人気予想家陣の勝負予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ゲストさん
    ゲストさん
    タピットねぇぇぇ・・・

    典型的なダート馬だろう、アフリートくらい活躍できればいいけどね

    2016年11月16日(水)19時03分

    いいね! いいね!:0
  • マニアマニアマニアさん
    マニアマニアマニアさん
    平成のジャッジアンジェルーチになりそう。

    母父として芝、ダートでGI馬が出るのも成功です。

    2016年11月16日(水)18時29分

    いいね! いいね!:0
  • たけゆかたさん
    たけゆかたさん
    こういうタイプの血統を持って、長い距離を得意としそうなタイプのアメリカの馬って意外に成功するんちゃう?

    もしくはとんでもない大失敗か、、笑

    2016年11月16日(水)00時48分

    いいね! いいね!:0