[騎手]ニュース

藤田菜七子騎手、アブダビの国際女性騎手招待競走で7着に

[騎手] 2016年11月14日(月)12時48分

注目数:38人
コメント数:38件

 11月13日(日)にアラブ首長国連邦・アブダビで行われた「ファティマ・ビント・ムバラク妃殿下主催 ワールドレディースチャンピオンシップ」の第15戦・ファイナル(純血アラブ、芝1600m戦)で、藤田菜七子騎手(美浦・根本康弘厩舎)はエーエフアルヘイザール(牡6、負担重量62kg)に騎乗し、15頭立ての7着だった。

 藤田菜七子騎手「スタートは良かったのですが、3コーナー辺りで手応えが怪しくなってしまいました。悔しいですがこの経験を生かしてJRAでも頑張りたいですし、海外初勝利も目指して頑張ります」

提供:ラジオNIKKEI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ロコモコさん
    ロコモコさん
    公式動画をず〜っと見入っちゃったョ
    セレモニーが長い(笑)

    騎手の腕うんぬんよりも生き残りの競馬で7着は頑張った方
    お疲れさまでした♪

    2016年11月15日(火)01時47分

    いいね! いいね!:2
  • カキタンさん
    カキタンさん
    着順はともかく、今回は無事レースに参加できて良かったです。

    今年は、何でも”初”が多かったでしょうが、これからは経験を重ね実績を上げることが馬主様の信頼につばがルと思います。

    今年も残り僅かとなりましたが、騎乗チャンスを最大限に活かして、良い結果を出して下さい。

    藤田菜七子騎手、国際女性騎手招待競走ご苦労様でした!

    2016年11月15日(火)01時07分

    いいね! いいね!:2
  • クライスト教授さん
    クライスト教授さん
    7着なら物凄く上出来だと思う。(外国は関係ないかも知れないけど)入賞以上なのだから。
    おそらくよほど馬に恵まれたのだろう。
    手応えがなくなったのは、馬がレースを自覚しないで追走だけで脚を使っていたからだろう。
    馬は本当に賢いので、ハミの噛み具合でこれはレースではなくて調教だと感じたのかも知れない。
    それで7着だったら尚更凄い馬である。

    2016年11月15日(火)01時02分

    いいね! いいね!:1