[騎手]ニュース

五十嵐雄祐騎手、障害競走年間100回騎乗達成

[騎手] 2016年11月20日(日)17時47分

注目数:23人
コメント数:17件

五十嵐雄祐騎手(美浦)は、福島5Rで5番トーセンモバイルに騎乗し、障害競走年間騎乗数が100回となった。

これは、1960年に長池辰三元騎手が達成して以来56年ぶりの記録であり、障害競走の大幅な改善(グレード制の導入、重賞競走の増設、競走区分の見直し等)をはかった1999年以降では初となった。

〜五十嵐騎手のコメント〜
「多くの関係者に騎乗依頼をいただいた結果であり、大変ありがたく思っています。本当に関係者の方やファンの方には感謝しかありません。今年は大きな怪我なく乗れているので、それが良かったと思います。これからも乗れる限り乗っていきたいです」

提供:ラジオNIKKEI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • あわぱらごんさん
    あわぱらごんさん
    地味では有るけど凄い記録。

    2016年11月20日(日)23時47分

    いいね! いいね!:5
  • アメリカン坊主さん
    アメリカン坊主さん
    五十嵐騎手と同じ福島県人です。五十嵐騎手の活躍を誇りに思います。そして五十嵐騎手と同期の田辺騎手も福島県人。二人が同じ年に平地と障害のリーディングを獲れる日が来る事を願っています。

    2016年11月20日(日)20時59分

    いいね! いいね!:4
  • あかささん
    あかささん
    いろいろな方が書かれていらっしゃいますが、
    この記録の素晴らしいところは、年間レース数が限定されている障害で、
    ましてや持ち馬(障害の場合は日頃の馬とのコミュニケーションが重要)もあって
    更にけがをしない、という条件付きで頑張っておられます。素晴らしいですね。

    2016年11月20日(日)20時45分

    いいね! いいね!:6