[騎手]ニュース

大庭和弥騎手が障害レース騎乗再開後初勝利

[騎手] 2016年11月26日(土)14時05分

注目数:6人
コメント数:8件

東京4レースでトーセンメリッサが勝ち、騎乗していた大庭和弥騎手は今年8月に障害レースへの騎乗を再開してからの初勝利を飾った。大庭騎手の障害レースでの勝利は、2012年4月21日東京4Rをブルーデザフィーオで勝って以来、4年7ヵ月ぶり。

1着 トーセンメリッサ(大庭和弥騎手)
「馬体は数字ほどの太さを感じませんでした。レースが上手で馬自身がペースを分かっているような感じでした。馬に教えてもらいました」

提供:ラジオNIKKEI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • くろろさん
    くろろさん
    最近あまり平地で見なかったもんね。やはり厳しいのかな?
    ダート競馬で経済コース通って穴馬を持ってくる騎手という印象で下手ではないと思うんだけど・・・

    2016年11月27日(日)20時46分

    いいね! いいね!:1
  • ひでのしんさん
    ひでのしんさん
    いい腕のジョッキーで、いつも応援してます。
    これからも頑張って下さい。

    2016年11月26日(土)21時58分

    いいね! いいね!:2
  • ききょうさん
    ききょうさん
    大庭騎手、ブランクを感じさせない騎乗でしたね。
    障害の魅力を広げる騎手の一員として、今後の活躍が楽しみです。
    今日は、本当におめでとうございます。

    2016年11月26日(土)20時45分

    いいね! いいね!:2