[中央]ニュース

キタサンブラック完璧な逃げ切りでGI・3勝目!/ジャパンC

[中央] 2016年11月27日(日)17時55分

注目数:123人
コメント数:365件
武豊騎手騎乗のキタサンブラックが人気に応えGI・3勝目(撮影:下野雄規)

写真を拡大 写真拡大

武豊騎手騎乗のキタサンブラックが人気に応えGI・3勝目(撮影:下野雄規)

 27日、東京競馬場で行われたジャパンC(3歳上・GI・芝2400m)は、先手を取った武豊騎手騎乗の1番人気キタサンブラック(牡4、栗東・清水久詞厩舎)が、そのまま直線でも後続を寄せ付けずに逃げ切り、中団から追い上げてきた5番人気サウンズオブアース(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分25秒8(良)。

 さらにクビ差の3着に6番人気シュヴァルグラン(牡4、栗東・友道康夫厩舎)が入った。なお、3番人気ゴールドアクター(牡5、美浦・中川公成厩舎)は4着、2番人気リアルスティール(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)は5着に終わった。

 勝ったキタサンブラックは、父ブラックタイド母シュガーハートその父サクラバクシンオーという血統。これまでのキャリアで唯一馬券圏外になっていた条件(日本ダービー14着)を見事克服し、昨年の菊花賞、今春の天皇賞に続く3つ目のGIタイトルを獲得した。また、鞍上の武豊騎手は本レース単独最多の4勝目となった。

【勝ち馬プロフィール】
キタサンブラック(牡4)
騎手:武豊
厩舎:栗東・清水久詞
父:ブラックタイド
母:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
馬主:大野商事
生産者:ヤナガワ牧場
通算成績:13戦8勝(重賞6勝)
主な勝ち鞍:2016年天皇賞・春(GI)

武豊騎手のコメント】
本当に嬉しいの一言です。強いキタサンブラックをお見せすることができ、またその馬に跨がっていることができて幸せです。
スタートが良かった時点で(逃げることに)迷いはなかったです。状態も最高だったので、自信を持って乗ることができました。抜群の手応えで直線に向くことができたので、あとはこの馬を信じて追うだけだと思っていました。

【北島三郎オーナー(※)のコメント】
皆さん、ありがとうございます。ユタカさん、ありがとうございました。今日は泣きました。
お礼に歌わないわけにはいかないですが、武さんからは「私は歌いませんからね(笑)」と言われてしまったので、私が代わりに歌います(この後「まつり」を熱唱)。
(レースの最後の直線は)上で見ながら、涙がこぼれちゃって・・・嬉しさと感動で倒れちゃうんじゃないかと思いながら応援していました。そして、(本日の東京全ての)レースが終わったのにこんなに大勢のファンがずっと待っていてくれたことにまた感動しました。本当にありがとうございます。

※馬主名義は大野商事

【関連記事】
[プロフィール] キタサンブラックの全成績と掲示板
[レース結果] ジャパンC全着順・払戻金
【福永祐一】 JCは自分にとっても欲しいタイトル
【小牧太】 ヒットザターゲットで一発を狙う/JC
【川田将雅】 特別インタビュー、闘志の源に迫る
【中井裕二】 ローレルベローチェで重賞制覇を!
【ウマい馬券】亀谷・井内人気予想家陣の勝負予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • マニアマニアマニアさん
    マニアマニアマニアさん
    ただ賞金が高いだけのレースになった。ハイランドリールが香港を選択した時から、現状のJCはオワコンという感じがする。入場者が減ったのは、みどころが少なかっただろう。

    11月開催をやめて春(4月下旬から5月下旬)へ移行するのが良いだろう(JRAへ意見済み)。

    2016年11月29日(火)19時43分

    いいね! いいね!:1
  • ランドロバさん
    ランドロバさん
    さすがに逃げ切りは難しいとキタサンブラックを本命にしなかったのではずれてしまった。
     本命にしていたゴールドアクターは、今一歩伸びを欠き、ゴール直前でシュバルグランに差されて4着に終わり、払い戻しは0になってしまった。3着以内の馬を全て買い目にいれていただけに無念。ゴールドアクターは小回りは得意だが、瞬発力勝負の大回りでは、能力を全開にできないことがわかった。

     私の買い目は3連複、ゴールドアクター 軸
    2頭目の軸 キタサンブラック サウンズオブアース ルージュバック
    ヒモ ↑ + ビッシュ ナイトフラワー シュバルグラン レインボーライン

     もしもう一度チャレンジできるなら、上位4頭の馬連、3連複、3連単を買うべきだった。穴馬を選びすぎてしまった。

    2016年11月28日(月)23時16分

    いいね! いいね!:0
  • Wilmotsさん
    Wilmotsさん
    ワンペース型の強い馬に、楽にワンペースを刻ませたのがレース内容が微妙と評される原因。
    ユタカの逃げは見事だったが、それ以上に他の騎手が・・・という話だよ。

    もちろん、勝ち馬を応援していた人には、してやったりの内容だろうが、馬の強さに凄みを感じるか?というと違うと思う。
    スローだから云々だとか、そういう話ではなく、負かしに行った馬がムーアのリアルスティールくらいだったというのが本当に残念だった。

    2016年11月28日(月)21時54分

    いいね! いいね!:4