スマートフォン版へ

【JC】愛馬キタサンブラックの激走にサブちゃん絶叫!

  • 2016年11月27日(日) 17時50分
 「ジャパンC・G1」(27日、東京)

 1番人気に推されたキタサンブラックが、昨年の菊花賞、今年の天皇賞・春に続いてG1・3勝目を挙げた。最内枠から好スタートを決めてすんなりハナへ。直線で余力十分に追いだすと、後続に2馬身半という決定的な差をつけて逃げ切った。2着は5番人気のサウンズオブアース。3着には6番人気のシュヴァルグランが入った。

 北島三郎オーナーは大感激だ。表彰式で「泣きました。涙がボロボロ出ました。…俺、歌わないわけにはいかないでしょ」と宣言すると、スタンドから割れんばかりの声援が飛んだ。先日、頸椎症性脊髄症の手術を行ったばかりの演歌界の大御所だが、愛馬の激走を目の当たりにして気力は満タン。「体調が悪いので、皆さんの手拍子を頂いて。やっぱ、“まつり”かな?武さん」と武豊騎手に同意を求め、病み上がりにもかかわらず競馬バージョンの“まつり”を大音量で熱唱。歌の締めに「オオオ〜!」と絶叫して喜びを爆発させた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す