スマートフォン版へ

「ベストターンドアウト賞」〜サウンズオブアースの新妻一男厩務員が受賞

  • 2016年11月27日(日) 16時49分
本日、ジャパンカップ(GI)のパドックで、世界主要GIレースでも実施されている、"もっとも美しく手入れされた馬を担当する厩舎スタッフ"の努力を称え表彰する「ベストターンドアウト賞」の審査が行われ、サウンズオブアースの新妻一男厩務員が受賞した。

【受賞者】
 サウンズオブアース 新妻一男厩務員(藤岡健一厩舎)

【審査委員】
サイモン・イプ氏(香港ジョッキークラブ会長)
松山康久氏(元JRA調教師)

【審査基準】
「馬がよく躾けられ、美しく手入れされ、かつ人馬の一体感を感じさせる引き馬(リード)が行われているか」

●新妻一男厩務員のコメント
「本日はこのような賞をいただき光栄です。普段の取り組みが評価され、嬉しく思います。この賞を励みにさらに頑張っていきたいと思います」

(JRA発表による)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す