[中央]ニュース

「ベストターンドアウト賞」〜サウンズオブアースの新妻一男厩務員が受賞

[中央] 2016年11月27日(日)16時49分

注目数:14人
コメント数:9件

本日、ジャパンカップ(GI)のパドックで、世界主要GIレースでも実施されている、"もっとも美しく手入れされた馬を担当する厩舎スタッフ"の努力を称え表彰する「ベストターンドアウト賞」の審査が行われ、サウンズオブアースの新妻一男厩務員が受賞した。

【受賞者】
 サウンズオブアース 新妻一男厩務員(藤岡健一厩舎)

【審査委員】
サイモン・イプ氏(香港ジョッキークラブ会長)
松山康久氏(元JRA調教師)

【審査基準】
「馬がよく躾けられ、美しく手入れされ、かつ人馬の一体感を感じさせる引き馬(リード)が行われているか」

●新妻一男厩務員のコメント
「本日はこのような賞をいただき光栄です。普段の取り組みが評価され、嬉しく思います。この賞を励みにさらに頑張っていきたいと思います」

(JRA発表による)

提供:ラジオNIKKEI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • くろろさん
    くろろさん
    いつも審査基準がよくわからない賞。
    サウンズには競馬の1着が欲しいよね。

    2016年11月27日(日)20時40分

    いいね! いいね!:2
  • RAVENさん
    RAVENさん
    サウンズには、G1とってほしいな!!

    2016年11月27日(日)17時08分

    いいね! いいね!:8
  • 4r58eさん
    4r58eさん
    3勝目待ってるぜ
    もちろん重賞制覇で

    2016年11月27日(日)17時08分

    いいね! いいね!:3