[中央]ニュース

【チャンピオンズC】アウォーディー無念2着 V直前でソラ使いブレーキ

[中央] 2016年12月05日(月)06時00分

注目数:12人
コメント数:19件
 2着に敗れ、引き揚げるアウォーディーと武豊

写真を拡大 写真拡大

 2着に敗れ、引き揚げるアウォーディーと武豊

「チャンピオンズC・G1」(4日、中京)

 恐れていた悪癖を肝心なところで露呈してしまった。1番人気のアウォーディーは、あと50メートル地点でアスカノロマンをかわして、あとはゴールへ飛び込むだけだったが、そこで急ブレーキ。勢いを失い、猛追した勝ち馬に差し切りを許した。

「残念ですね。抜け出してソラを使うことは想定して乗っていたが、それ以上にすごい止まり方でした。きょうはちょっと気難しいところを出してしまった」。キタサンブラックで制したジャパンCに続く、2週連続G1勝利を惜しくも逃した武豊は唇をかむ。ゴール前だけでなく、1角や3角手前でも鞍上にあらがうしぐさを見せており「前はかわしてくれたんだけど、気性的にね」と松永幹師も精神面を敗因に挙げた。

 ダートで初黒星を喫し、連勝も6でストップ。「勝ち続けるのは難しい。でも、能力はあるからね。また次頑張ります」とユタカは前を向いた。次戦には東京大賞典を視野に入れる。リベンジの機会はすぐに訪れる。

提供:デイリースポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ゲストさん
    ゲストさん
    あんな止まりかたされると、軸には最適でもアタマで買うには躊躇する

    2016年12月06日(火)09時57分

    いいね! いいね!:0
  • 灰燼の蒼鬼さん
    灰燼の蒼鬼さん
    アウォーディーはこのレース化物じみた内容であった。

    2016年12月06日(火)01時44分

    いいね! いいね!:1
  • りんこうさん
    りんこうさん
    群れで走っていると前へ前へと出ようとするのや先頭でないと気が治まらないのが必ずいて、
    それが競争馬の精神的な部分の資質であり、それをコントロールするのが折り合いで、先頭に立つと気を抜くのが個性なんだと思う。

    2016年12月05日(月)21時54分

    いいね! いいね!:2