スマートフォン版へ

コーリンベリーがJRA重賞初Vを狙う/カペラSの見どころ

  • 2016年12月05日(月) 10時00分
 GI馬コーリンベリーに注目したい。連覇を狙ったJBCスプリントでは3着に敗れたが、ここで巻き返してのJRA重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■12/11(日) カペラS(3歳上・GIII・中山ダ1200m)

 コーリンベリー(牝5、美浦・小野次郎厩舎)は連覇を狙ったJBCスプリントで3着。1・2着馬には大きく差をつけられてしまったが、内枠だった2頭に対して大外だったのが響いたか。初の中山コースで斤量56キロと今回も楽ではないが、ベストの1200m戦で前進してほしいところだ。

 ニシケンモノノフ(牡5、栗東・庄野靖志厩舎)は近10走で掲示板を外したのが一度だけという堅実派。唯一の惨敗(昨年末の師走Sで15着)も単に距離が長かったためで、ここも崩れることはなさそう。2013年の兵庫ジュニアグランプリ以来、約3年ぶりの重賞制覇も十分期待できる。

 ノボバカラ(牡4、美浦・天間昭一厩舎)は東京盃武蔵野Sでともに9着と惨敗しているが、ここで地力上位なのは間違いない。一気に巻き返しての重賞3勝目を期待したい。

 その他、この条件ベストのキタサンミカヅキ(牡6、美浦・古賀史生厩舎)、休み明けからも崩れていないタールタン(牡8、栗東・吉村圭司厩舎)、初ダートのエイシンブルズアイ(牡5、栗東・野中賢二厩舎)、海外遠征帰りのGI馬グレープブランデー(牡8、栗東・安田隆行厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時20分。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す