スマートフォン版へ

【阪神JF馬体診断】リスグラシュー

  • 2016年12月05日(月) 17時32分
阪神JF・G1」(11日、阪神)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、阪神JFに出走を予定する各馬をA〜D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【リスグラシュー 評価=B】

 パーツパーツがしっかりとしているハーツクライ産駒で、とても428キロの馬には見えない。関東遠征で4キロ減だったが、しっかりと間隔を取ったことで馬体をふっくらと見せているのは好印象だ。
 前重心のため、かなり胸が強調されたシルエットになっているが、伸びのある馬体から繰り出す大きめのストライドがこの馬の真骨頂だろう。これにトモが膨らんで前後肢のバランスが良くなってくれば、まだまだ強くなる可能性を秘めている。

 馬体のバランス面から今回はB評価としたが、鋭い目つきで闘争本能は旺盛。気持ちの強さがうまく発揮できれば、3連勝の目も十分にありそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉戸崎圭を背に栗東坂路で4F51秒8-37秒8-12秒4(G強め)。うなるような勢いで登坂して、イクラトロ(5歳1600万下)に2馬身先着。馬体の張りも目立っており、気配の良さが目を引く。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す