スマートフォン版へ

【阪神JF】栗東レポート〜レーヌミノル

  • 2016年12月07日(水) 15時27分
12月11日(日)に阪神競馬場で行われる第68回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)に登録をしているレーヌミノル(牝2、栗東・本田優厩舎)について、追い切り後の本田優調教師のコメントは以下の通り。

(前走の京王杯2歳S2着を振り返って)
「まだ鍛えなければいけない時期ですから、できるだけ強い馬と対戦しようと思いました。
 正攻法の競馬から、早めに先頭に立つ感じでした。だいぶ待っていたので、その分、勝った馬は勢いがついてきたので、負けました。
 3着馬は離れていましたし、うちの馬も止まったわけではなく伸びていました。これらかは、もう少し後ろから競馬をするようにした方が良いかなと思います。
 スピードはありますが、距離にも対応できると思うので、これからの乗り方一つだと思います」

(前走後の調整について)
「手のかかる馬ではないので、すごく順調に来ています。先々週も先週も今週も併せ馬ができました。飼い葉もよく食べるので、思い通りの調教ができました。楽しみにしています」

(最終追い切りを振り返って)
「前2頭を行かせて、ゴール前で並ぶかかわすかを目標にして行くようにという指示でした。その通りの調教ができました。
 牝馬相手なので負けられないというか、何とか良い競馬をして、来年につながるようにしたいです」

(今回のレースに向けて)
「当初からここを最終目標にしていたので、距離は心配していません。
 (蛯名騎手には)先週の調教に乗ってもらって、感覚はつかんでいると思います。若干、いつもより後ろから行く競馬をしてほしいと伝えています。
 今年は牝馬の方が良い馬がいっぱいデビューしているので、対戦を楽しみにしています。
 レーヌミノルは今回も力を出せるだけの仕上がりだと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す