スマートフォン版へ

【香港C】エイシンヒカリ香港で再び輝く 逃走へ絶好最内1番ゲート

  • 2016年12月09日(金) 06時00分
香港C・香港G1」(11日、シャティン)

 その名のごとく光速時計を刻み込んだ。昨年の覇者エイシンヒカリが8日、シャティン競馬場の芝コースで最終リハを行った。快活な動きを見せる一方で、普段はよほど現地の環境が合うのかリラックスムード。気配は極めて良好だ。ゲート番は逃走にうってつけの最内1番に決定。現役最後となる一戦、きっちり連覇で締めくくってみせる。

 やはり香港は水が合う。昨年の覇者エイシンヒカリがシャティン競馬場の芝コースを躍動。ほぼ追うことなく、6F75秒6-33秒8-11秒2という“光速”時計を叩き出した。

「絶好調。ベリーグッド。いい感じだったね」と馬上の武豊は滑らかな口調で絶賛した。まるで馬が勝手を分かっているかのように、テンから行きっぷり良く進み、最後まで鞍上は無理にコントロールする必要すらなかった。太め感のない馬体に、しなやかなバネ。「落ち着いて走っていたし、何も気になることはない」と、連覇に向けて迷いのない表情で言い切った。

 レース前に激しくイレ込み、12着に敗れた天皇賞・秋とは別馬のよう。担当の中村厩務員は「落ち着き過ぎていてどうかなと思うくらい。去年よりも落ち着いている」と不思議そうに首をかしげた。坂口師は「環境が合っているとしか言いようがないね」と堂々たる姿に目を細める。滞在競馬に、地下馬道がないコース形態。本領発揮できるシャティンなら、前走のような大敗はないと陣営は固く信じている。

 さらに、願ってもない幸運が飛び込んだ。枠順抽選会で当たったゲートナンバーは1番(馬番も1番)。外めだった昨年の12番ゲートから一転、逃げ馬にとっては最高の枠を手にした。好枠を呼び込んだ平井克彦オーナーは「びっくりしました。(馬番が)1番で1枠と完璧。これで勝てれば三つそろいますね」と満面の笑み。秋盾は同じ最内枠ながら敗れたが、早くもリベンジの機会を与えられた。

 今回が引退レースで、来年からは北海道のレックススタッドで種牡馬生活を送ることが決まっている。「2〜3年後にフランスへ持っていって、種牡馬をさせたいと思っているんです」と壮大なプランを明かした平井オーナー。「この枠ですし、コースレコードを狙いたいですね」。箔(はく)を付けて、いつかは父としても世界の舞台へ-。強烈なインパクトを残して有終の美を飾りたい。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す