[海外]ニュース

サトノクラウン海外で初GI制覇、ハイランドリールは2着/香港ヴァーズ

[海外] 2016年12月11日(日)18時20分

注目数:81人
コメント数:131件
ハイランドリールを差し切り香港ヴァーズを制したサトノクラウン(撮影:高橋 正和)

写真を拡大 写真拡大

ハイランドリールを差し切り香港ヴァーズを制したサトノクラウン(撮影:高橋 正和)

 現地時間11日、香港・シャティン競馬場で香港ヴァーズ(3歳以上・GI・芝2400m・14頭立て・1着賞金940万5千香港ドル)が行われた。

 レースはR.ムーア騎手騎乗のハイランドリール(牡4、愛・A.オブライエン厩舎)が積極的に先手を取るも途中からD.レーン騎手騎乗のビッグオレンジ(セ5、英・M.ベル厩舎)が外から先行争いに加わりハイランドリールに馬体を併せてくる展開。しかしハイランドリールはハナを譲らずそのまま直線に入ると後続との差を広げ、逃げ切るかと思われた所にJ.モレイラ騎手騎乗のサトノクラウン(牡4、美浦・堀宣行厩舎)が鋭い末脚を繰り出しゴール前でハイランドリールを差し切り初GI制覇を香港の地で達成した。

 3着にはC.スミヨン騎手騎乗のワンフットインヘヴン(牡4、仏・A.ドゥロワイエデュプレ厩舎)、4着には岩田康誠騎手騎乗のヌーヴォレコルト(牝5、美浦・斎藤誠厩舎)、5着には武豊騎手騎乗のスマートレイアー(牝6、栗東・大久保龍志厩舎)が入線し、日本馬3頭が5着内に入りこのあとの香港国際競走にとって幸先のよいスタートとなった。

【日本馬プロフィール】
サトノクラウン(牡4)
騎手:J.モレイラ
厩舎:美浦・堀宣行
父:Marju
母:ジョコンダII
母父:Rossini
馬主:里見治
生産者:ノーザンファーム
通算成績:11戦5勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2016年香港ヴァーズ(GI)

ヌーヴォレコルト(牝5)
騎手:岩田康誠
厩舎:美浦・斎藤誠
父:ハーツクライ
母:オメガスピリット
母父:スピニングワールド
馬主:原禮子
生産者:社台ファーム
通算成績:21戦6勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2014年優駿牝馬(GI)

スマートレイアー(牝6)
騎手:武豊
厩舎:栗東・大久保龍志
父:ディープインパクト
母:スノースタイル
母父:ホワイトマズル
馬主:大川徹
生産者:岡田スタッド
通算成績:23戦8勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2014、2015年阪神牝馬S(GII)

※馬齢はJRA発表のものを記載しております

【関連記事】
【福永祐一】 帝王・的場文男も憧れた“福永洋一”
【小牧太】 “太流”体重管理の新たなる方法とは!?
【尾関知人】 レッドファルクスで迎えた歓喜の瞬間
【杉原誠人】 GI騎乗、エリザベス女王杯で得た経験
【ウマい馬券】 亀谷・井内人気予想家陣の勝負予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • カントミ2さん
    カントミ2さん
    騎手の帽子が王冠に見える

    2016年12月16日(金)07時23分

    いいね! いいね!:0
  • ぶーは たかしさん
    ぶーは たかしさん
    ハイランドリールのくそ強いなって観てたらサトノクラウンが猛然と強襲してきて笑った

    2016年12月12日(月)11時12分

    いいね! いいね!:2
  • へやんさん
    へやんさん
    ずっと好きで応援しててよかったと思った。
    おめでとう(*^ω^*)

    2016年12月12日(月)09時14分

    いいね! いいね!:3