スマートフォン版へ

ビューティーオンリーがV 日本勢はロゴタイプの5着まで/香港マイル

  • 2016年12月11日(日) 18時18分
 現地時間11日、香港・シャティン競馬場で行われた香港マイル(3歳上・GI・芝1600m・1着賞金1311万香港ドル)に、日本のサトノアラジン(牡5、栗東・池江泰寿厩舎川田将雅騎手)、ロゴタイプ(牡6、美浦・田中剛厩舎、M.デムーロ騎手)、ネオリアリズム(牡5、美浦・堀宣行厩舎、R.ムーア騎手)が出走。

 レースは、ビューティーフレーム(セ6、香港・A.クルーズ厩舎)がハナを切り、2番手にネオリアリズム、3番手に出遅れるも勢いをつけてきたロゴタイプと日本勢が続く展開に。サトノアラジンは最後方に構えた。直線に入って一旦はネオリアリズムが先頭に立ったが、残り200mから一気に後続が襲いかかってきた。その中にはロゴタイプもいたものの、最後はZ.パートン騎手騎乗のビューティーオンリー(セ5、香港・A.クルーズ厩舎)が外から突き抜けて優勝。前哨戦のジョッキークラブマイルに続く連勝を飾った。

 2着にはヘレンパラゴン(牡4、香港・J.ムーア厩舎)、3着にはジョイフルトリニティ(セ4、香港・J.ムーア厩舎)が入った。日本勢はロゴタイプが3位争いを演じるも5着、サトノアラジンが7着、ネオリアリズムが9着という結果となった。

【日本馬プロフィール】
サトノアラジン(牡5)
騎手:川田将雅
厩舎:栗東・池江泰寿
父:ディープインパクト
母:マジックストーム
母父:Storm Cat
馬主:里見治
生産者:ノーザンファーム
通算成績:23戦7勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2016年スワンS(GII)

ロゴタイプ(牡6)
騎手:M.デムーロ
厩舎:美浦・田中剛
父:ローエングリン
母:ステレオタイプ
母父:サンデーサイレンス
馬主:吉田照哉
生産者:社台ファーム
通算成績:28戦6勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2016年安田記念(GI)

ネオリアリズム(牡5)
騎手:R.ムーア
厩舎:美浦・堀宣行
父:ネオユニヴァース
母:トキオリアリティー
母父:Meadowlake
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:16戦6勝(重賞1勝)
主な勝ち鞍:2016年札幌記念(GII)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す