[海外]ニュース

【香港C】モーリス出遅れもなんのあっさり突き抜け有終V

[海外] 2016年12月12日(月)06時00分

注目数:15人
コメント数:8件

 「香港カップ・香港G1」(11日、シャティン)

 注目のラストラン対決は明暗が分かれた。国内外で断然の1番人気に支持されたモーリスが、直線で鮮やかに抜け出してV。昨年の香港マイルに続く“2階級制覇”を決めた。国際G1競走に昇格後、香港マイル、香港カップを制した馬は初めて。香港に伝説を刻み、G1通算6勝で競走馬生活に幕を閉じる。逃げた2番人気エイシンヒカリは直線で失速し、10着に大敗した。堀師はサトノクラウン香港ヴァーズも制し、その名を世界にとどろかせた。

 “伝説の瞬間”を確信した地元ファンから歓声が飛ぶ。「MAURICE!」。単勝はJRAオッズが1.6倍、現地が1.7倍。国内外から圧倒的な支持を集めたモーリスが完璧な形でラストランを締めくくった。

 ムーアがクールに愛馬をたたえる。「素晴らしい競走馬だ」。出遅れて道中は後方2、3番手。4角手前では逃げるエイシンヒカリとの差が約20馬身にまで開いた。そこからあっさり突き抜けて3馬身差のVは、まさに圧巻の内容だ。「直線の脚は見ての通り。最初に乗った時からきょうまで、進歩に進歩を重ねてきた」と世界の名手も思わずうなった。

 香港では歴史的名馬として刻まれる。香港マイル&カップの2階級制覇は、過去にジムアンドトニック(98〜99年)のみ。両レースが国際G1競走となってからは初の快挙だ。「出遅れて間に合わないかと思ったけど。抜け出す時の脚は馬じゃないような走り」と吉田和美オーナー。これで今年はG13勝目。2年連続の年度代表馬も視界に捉えた。

 引退後は、北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りする。昨年の2冠馬で、同じく今シーズンにスタッドインしたドゥラメンテは種付け料が400万円。この料金を上回る、最大の期待馬となっても不思議はない。

「引退はもったいない」という周囲の言葉に、オーナーは笑顔で返した。「一番いい時に引退するのが一番ですよ」。東京五輪開催と同じ20年。アジア最強の遺伝子を持つ産駒がデビューを果たす。

提供:デイリースポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ゲストさん
    ゲストさん
    最近は優等生な競馬をしてきたモーリス。
    けど、本当はダービー卿で見せたような暴力的な競馬がこの馬の本質な気がする。
    それくらい今日の走りはムチャクチャでした

    2016年12月12日(月)13時19分

    いいね! いいね!:6
  • ゴンからの手紙さん
    ゴンからの手紙さん
    ここで有馬記念もゴールドアクターが勝って、
    去年と同じようにアシストしてモーリスの年度代表馬

    ・・・ってところまでみえました

    2016年12月12日(月)12時54分

    いいね! いいね!:7
  • 慈愛さん
    慈愛さん
    年度代表馬は有馬記念待たずして決まったな…仮に有馬記念をキタサンが勝ってもモーリスの海外を3馬身以上は決定的だろう

    2016年12月12日(月)12時52分

    いいね! いいね!:3