スマートフォン版へ

2歳牝馬の頂点が決定/東京2歳優駿牝馬の見どころ

  • 2016年12月30日(金) 17時00分
 31日(土)に大井競馬場で行われる東京2歳優駿牝馬。今年最後の南関東重賞を制覇し、来年に弾みをつけるのはどの馬か。主な出走予定馬は以下のとおり。(⇒出馬表はコチラ)

■12/31(土) 東京2歳優駿牝馬(2歳・SI・大井ダート1600m)

 アップトゥユー(牝2、川崎・佐々木仁厩舎)は前々走のエーデルワイス賞で2着と好走すると、前走のSIIIローレル賞を圧勝。前走までは道営の所属だったが、今回は堂々の南関入り初戦だ。このメンバーでは力上位が明白で、ここももちろん勝ち負けに持ち込めるだろう。

 ピンクドッグウッド(牝2、愛知・川西毅厩舎)はエーデルワイス賞で3着。先述のアップトゥユーとタイム差はなく、こちらも有力馬の1頭。今回はエーデルワイス賞以来の約2か月半ぶりの実戦という事がどう出るか。

 ゴーフューチャー(牝2、船橋・佐藤裕太厩舎)は鎌倉記念2着の実績から前走のローレル賞では1番人気に支持されていたが、勝負所で砂をかぶって嫌がったのか、優勝争いから脱落。最後まで止まってはいなかったが、11着と惨敗を喫した。外目をすんなり追走なら変わり身もありそうで、巻き返しを期待したい。

 その他、エーデルワイス賞で4着と健闘したオーブスプリング(牝2、北海道・角川秀樹厩舎)、前走は道営の重賞ブロッサムCを圧勝したジュンアイノキミ(牝2、大井・森下淳平厩舎)、金沢と笠松で5戦5勝、その全てが圧勝のヤマミダンス(牝2、金沢・中川雅之厩舎)も侮れない存在。発走は16時30分。

■調教追い切り動画


■陣営インタビュー


ピックアップ・データ(過去10年)
(1)優勝馬は最低2勝が必須条件
過去10年の優勝馬すべてが2勝以上を挙げていた。今年はトランセンド産駒のイクノチャンをはじめ6頭が“2勝未満”に該当。

(2)他地区からの移籍馬が8勝!
ホッカイドウ競馬出身組を中心に他地区からの移籍馬が8勝、2着6回、3着3回と抜群の成績(1頭のみ金沢競馬出身組)。今年はアップトゥユーら5頭が該当。

■勝馬投票券のご購入は「SPAT4」で!
東京2歳優駿牝馬(SI)の勝馬投票券は、入会費&年会費無料の「SPAT4」(地方競馬インターネット投票)での購入がオススメ。「SPAT4プレミアムポイント」も合わせて登録すると、馬券を買うだけで「ポイント」が貯まり、そのポイントを「現金」や「景品」に交換いただけます。この機会にぜひご登録ください! 「SPAT4」入会は⇒コチラ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す