スマートフォン版へ

【南関東競馬】トーセンセラヴィ重賞初制覇!来年は打倒“JRA勢”だ!

  • 2016年12月31日(土) 05時59分
 「東京シンデレラマイル・S3」(30日、大井)

 単勝1.5倍の断然人気に支持された1番人気のトーセンセラヴィが、2番人気のリンダリンダとのデッドヒートに競り勝って重賞初制覇を決めた。3着は好位から伸びた4番人気のモダンウーマン。なお、1着馬には「第20回TCK女王盃・Jpn3」(17年1月25日・大井)、「第63回エンプレス杯・Jpn2」(同3月1日・川崎)への優先出走権が与えられた。

 絶対に負けるわけにはいかなかった。道中に2、3番手から満を持して直線で先頭に躍り出たトーセンセラヴィだったが、内でモダンウーマンが食い下がり、外からはリンダリンダが襲いかかる。激しい競り合いになったが、最後はリンダリンダを首差振り切って先頭でゴール。ディープインパクト産駒の良血馬が、5歳にしてようやく初の重賞タイトルをゲットした。

 断然人気にプレッシャーを感じていた森泰斗はさすがにホッとした様子。「勝って当たり前だったし、勝たないといけないレースだと思っていた。良かったです」と言いながら、なかなか表情が崩れなかった。2017年は打倒JRA勢の期待がかかるだけに、さらに気を引き締めていく。小久保師も「次はTCK女王盃へ。秋はもちろんJBCレディスクラシック(11月3日・大井)が大目標。十分に好勝負になる」ときっぱり。南関東の女王が、さらに躍進する。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す