[地方]ニュース

愛知のピンクドッグウッドが押し切りV/東京2歳優駿牝馬・大井

[地方] 2016年12月31日(土)18時30分

注目数:18人
コメント数:19件
ピンクドッグウッドが後続に3馬身差をつけ快勝(撮影:下野雄規)

写真を拡大 写真拡大

ピンクドッグウッドが後続に3馬身差をつけ快勝(撮影:下野雄規)

 31日、大井競馬場で行われた第40回東京2歳優駿牝馬(2歳・牝・ダ1600m・1着賞金2000万円)は、好位でレースを進めた戸部尚実騎手騎乗の6番人気ピンクドッグウッド(牝2、愛知・川西毅厩舎)が、3〜4コーナーで先頭に立ってゴールまで押し切り、2着の1番人気アップトゥユー(牝2、川崎・佐々木仁厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分42秒6(稍重)。

 さらに4馬身差の3着に4番人気アンジュジョリー(牝2、浦和・小久保智厩舎)が入った。なお、3番人気オーブスプリング(牝2、北海道・角川秀樹厩舎)は7着、2番人気ヤマミダンス(牝2、金沢・中川雅之厩舎)は15着に終わった。

 勝ったピンクドッグウッドは、父サウスヴィグラス母スズカブルームその父スキャターザゴールドという血統。北海道から愛知に移籍しての初戦を見事に制した。南関東以外の地区所属馬の本レース制覇は史上初。また、本レースが最終戦だったGRANDAME-JAPAN2016・2歳シーズンは、アップトゥユーの優勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
ピンクドッグウッド(牝2)
騎手:戸部尚実
厩舎:愛知・川西毅
父:サウスヴィグラス
母:スズカブルーム
母父:スキャターザゴールド
馬主:尾崎智大
生産者:グランド牧場
通算成績:8戦4勝(重賞2勝)

【関連記事】
[プロフィール] ピンクドッグウッドの全成績と掲示板
【福永祐一】 有馬回顧、まだまだ伸びしろを感じる
【小牧太】 2017年で50歳、「今が踏ん張りどころ」
【シュタルケ】 インタビュー「いつも日本に来たい」
【亀谷敬正×南関予想士】 対談、競馬予想とは何か
【ウマい馬券】 亀谷・井内人気予想家陣の勝負予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ききょうさん
    ききょうさん
    ピンクドッグウッド陣営の皆さん、おめでとうございます。
    南関東以外の地区所属馬の本レース制覇は史上初ってのも泣けるw

    さすが戸部騎手。やってくれました。
    今後も、楽しみですね。

    2017年01月01日(日)19時36分

    いいね! いいね!:0
  • MR.侍さん
    MR.侍さん
    おめでとうございました♪

    2017年01月01日(日)12時42分

    いいね! いいね!:0
  • 大穴祭りさん
    大穴祭りさん
    3連単500円射止めた
    いい正月になります

    戸部騎手、よくやった!ありがとう!

    2017年01月01日(日)10時31分

    いいね! いいね!:0