スマートフォン版へ

【南関東競馬】ピンクドッグウッド完勝で2歳女王 堂々牝馬クラシック路線へ

  • 2017年01月01日(日) 14時00分
東京2歳優駿牝馬・S1」(31日、大井)

 6番人気のピンクドッグウッドが好位追走から積極的な競馬で3角で先頭に立ち、そのまま押し切り優勝。門別のフルールカップに続き重賞2勝目を飾り、地方競馬2歳牝馬の頂点に立った。2着には同じく好位から直線で伸びた1番人気のアップトゥユー。後方から伸びた4番人気のアンジュジョリーが3着に入った。

 鮮やかな勝ちっぷりだった。3番手のポジションからレースを進めたピンクドッグウッドは、絶好の手応えで3角過ぎに早々と先頭へ。1番人気のアップトゥユーが迫ったきたが、直線でさらに突き放して3馬身差をつけてフィニッシュ。「予想した展開にぴったりハマって怖いくらい。距離が伸びても大丈夫でしたね」と戸部尚も会心の笑顔でレースを振り返った。

「スタートも良かったし、持ち味を出してくれた」と川西毅師も高く評価。今後は船橋の稲益貴厩舎に転厩して、南関東の牝馬クラシック路線を歩む予定になっている。

「左回りも問題ないでしょう。活躍してくれると思う」と同師はさらなる飛躍に太鼓判を押した。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す