スマートフォン版へ

キョウヘイが出遅れ最後方からの直線一気V!/シンザン記念

  • 2017年01月08日(日) 19時30分
 8日、京都競馬場で行われたシンザン記念(3歳・GIII・芝1600m)は、スタートで遅れ最後方からの競馬となった高倉稜騎手騎乗の8番人気キョウヘイ(牡3、栗東・宮本博厩舎)が、直線で馬群の中から一気に各馬を差し切り、外から脚を伸ばした4番人気タイセイスターリー(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分37秒6(重)。

 さらにハナ差の3着に1番人気ペルシアンナイト(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。なお、3番人気トラスト(牡3、栗東・中村均厩舎)は4着、2番人気アルアイン(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)は6着に終わった。

 勝ったキョウヘイは、父リーチザクラウン、母ショウナンアネーロその父ダンスインザダークという血統で、これが重賞初制覇。また父リーチザクラウンにとっても、これが産駒のJRA重賞初勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
キョウヘイ(牡3)
騎手:高倉稜
厩舎:栗東・宮本博
父:リーチザクラウン
母:ショウナンアネーロ
母父:ダンスインザダーク
馬主:瀬谷隆雄
生産者:本桐牧場
通算成績:6戦2勝(重賞1勝)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す