スマートフォン版へ

混戦模様の牝馬重賞を制するのは/愛知杯の見どころ

  • 2017年01月09日(月) 10時00分
 昨年は8番人気のバウンスシャッセがV。過去10年で1番人気が勝ったのは一度だけ(2014年ディアデラマドレ)で、今年も難しいレースとなりそうだ。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■1/14(土) 愛知杯(4歳上・牝・GIII・中京芝2000m)

 クリノラホール(牝4、栗東・谷潔厩舎)は粟島特別(500万下)、近江特別(1000万下)、逆瀬川S(1600万下)と3連勝中。特にここ2戦は牡馬相手に鮮やかな勝ちっぷりを見せており、本格化したと言ってよさそうだ。一気の4連勝で重賞初制覇なるか。

 シャルール(牝5、栗東・松永幹夫厩舎)は府中牝馬Sで10着、エリザベス女王杯で15着と惨敗しているが、このメンバーに入れば力上位と言っていいだろう。コース相性も問題はなく、一気に巻き返しての重賞初制覇を期待したい。

 その他、GI以外では掲示板を外していないマキシマムドパリ(牝5、栗東・松元茂樹厩舎)、距離延長で巻き返したいダイワドレッサー(牝4、美浦・鹿戸雄一厩舎)、エリザベス女王杯で5着に踏ん張ったプリメラアスール(牝5、栗東・鈴木孝志厩舎)、GIで4着の実績があるアンドリエッテ(牝5、栗東・牧田和弥厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時25分。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す