スマートフォン版へ

【京成杯】アダムバローズ放牧で気分一新!前走大敗から巻き返しへ

  • 2017年01月11日(水) 06時01分
京成杯・G3」(15日、中山)

 メンバー唯一の2勝馬アダムバローズが巻き返しに燃える。前走の京都2歳Sはまさかのしんがり負けを喫したが、陣営に白旗ムードは見られない。中間は短期放牧を挟んでリフレッシュ。重賞制覇に向けて着々と態勢は整いつつある。

 思いも寄らぬ凡走だった。新馬-紫菊賞連勝の勢いに乗り、重賞初タイトルを射止めるはずだった京都2歳Sアダムバローズはしんがり10着と沈んだ。強敵相手だったのは確かだが、それでもここまで崩れたのは陣営にとって想定外だった。とにかく巻き返したい-。今回は強い思いを秘めての中山登場だ。

「前走は力んで走っていましたね。マイネルザウバアに先に行かれる形になって、息が入りませんでした」と角田師は振り返る。パドックからイレ込み、レースでも同型と競り合う形。とはいえ、力負けとは思えない内容でもあった。「出たなりで競馬をした方がいいみたいだね。今度は自分の走りをさせたい」。大敗の中で得た経験を決して無駄にはしない。指揮官は自分に言い聞かせるようにそう語った。

 初めての東上とあって、再びテンションが高くなる危険性は少なくはない。それでも、師は「小倉で長い輸送は経験しているから。問題はないと思う」と自信をのぞかせた。前走後はリフレッシュ放牧に出し、心身ともに気持ちを新たにしてのG3戦。「仕上がりはいいよ。これから良くなってほしいと思っている馬だから」。先々を見据えての戦いに力を込めた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す