スマートフォン版へ

【AJCC】タンタアレグリア調整順調 国枝師も納得の表情「上出来」

  • 2017年01月12日(木) 06時00分
 「AJCC・G2」(22日、中山)

 昨年の天皇賞・春4着以来の実戦となるタンタアレグリアは11日、美浦Wで3頭併せ。最後方から追走し、最後は併入でまとめた。6F83秒2-13秒5。国枝師は「上出来だね。間隔はあいたけど、力は出せる」と納得の表情を浮かべる。

 昨年は長距離重賞で4、2、4着。持久力勝負を得意としている。「今後のために、ここで賞金を加算したい」と力を込めた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す