[海外]ニュース

ケンタッキーオークス戦線に新星 良血ロックダウンがブサンダS快勝

[海外] 2017年01月16日(月)11時00分

注目数:9人
コメント数:12件

 15日(日)にニューヨーク州のアケダクト競馬場で行われた、ケンタッキーオークス・ポイント指定競走のブサンダS(d8F70y)は、オッズ3.3倍の2番人気に推されていたロックダウン(牝3、父ファーストディフェンス)が快勝。混戦と言われているケンタッキーオークス戦線に、新たな惑星として浮上している。

 ロックダウンは、カリッド・アブドゥーラ殿下のジャドモントによる、ケンタッキーにおける自家生産馬。1勝馬ライジントルネイドの5番仔で、本馬の4歳年上となる全姉に、5馬身差で制したGIパーソナルエンスンS(d9F)など生涯で5つのGIを制し、4歳時の2014年に米最優秀古牝馬のタイトルを獲得したクローズハッチスがいるという良血馬である。

 12月17日にアケダクトで行われたメイドン(d8.5F)でデビュー2戦目にして初勝利を挙げたロックダウンの、デビュー3戦目となったのがブサンダSで、1番人気に推されていたGIフリゼッタS(d8F)2着馬リビーズテイル(牝3、父ティズワンダフル)に2.1/2馬身差をつける快勝。

 次走は2月25日にアケダクトで行われるブッシャーS(d8.5F)が予定されている。

 GIBCジュヴェナイルフィリーズ(d8.5F)勝ち馬シャンパンルーム(牝3、父ブロークンバウ)、同2着馬ヴァラドーナ(牝3、父カーリン)、GIスターレットS(d8.5F)勝ち馬エイベルタスマン(牝3、父クオリティロード)、1月8日のGIIサンタイネスS(d7F)を7.1/2馬身差で快勝したユニークベラ(牝3、父タピット)らが有力視されているケンタッキーオークス戦線だが、確固たる軸馬はいないのが現状で、次走次第ではロックダウンの一気の台頭もありそうだ。

(文:合田直弘)

【関連記事】
【小牧太】 小牧親子対談、誰も知らない“小牧太”
【木幡巧也】 敵は去年の自分自身!2年目の飛躍誓う
【若手ジョッキー新年会】 優作×恭介×川須×高倉
【亀谷敬正×南関予想士】 対談、競馬予想とは何か
【ウマい馬券】 亀谷・井内人気予想家陣の勝負予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • Congareeさん
    Congareeさん
    ファーストディフェンスってクローズハッチスぐらいしか活躍馬がいない種牡馬だけど、その全妹も走るって事はよほど母馬との相性がいいのかな?

    クローズハッチスの世代は去年まで現役バリバリだったビホルダーや、日本に輸入されたプリンセスオブシルマーなんかがいて、3歳牝馬戦線がかなり熱かった記憶があるけど、今年も同じぐらい盛り上がってほしいな。

    2017年01月21日(土)02時08分

    いいね! いいね!:0
  • レーティング140さん
    レーティング140さん
    ビホルダー、ソングバード、次はどの馬かな。

    2017年01月17日(火)10時43分

    いいね! いいね!:1
  • 毎日毎日さん
    毎日毎日さん
    こんな情報とりあげてたらキリがない。やるならばんえいの詳細がいいな

    2017年01月16日(月)15時50分

    いいね! いいね!:2