[海外]ニュース

アロゲートが圧勝 カリフォルニアクローム9着/米・ペガサスワールドC

[海外] 2017年01月29日(日)17時45分

注目数:28人
コメント数:36件

 現地時間28日、アメリカ・ガルフストリームパーク競馬場で総賞金1200万米ドルの世界最高賞金額レース、ペガサスワールドC(GI、ダート約1800m、12頭立て、1着賞金700万米ドル)が行われた。

 本レースは出走枠を100万ドルで購入する(その後出走枠の販売、権利の分割などが可能)という特殊な方式になっており、昨年の5月に12の出走枠が発売されて4日後に完売した。

 注目を集めていたのは、トラヴァーズSを13馬身半差で圧勝し、続くBCクラシックも制したアロゲート(牡4、米・B.バファート厩舎)と、BCクラシックでは2着に敗れたものの、それまでドバイワールドCなど6連勝を飾っていたカリフォルニアクローム(牡6、米・A.シャーマン厩舎)。BCクラシックのような一騎打ちになると見られていた。

 レースはアロゲートカリフォルニアクロームともに好位につける展開。最後のコーナー手前でアロゲートが先頭に立つと、あとはゴールまで独走し、2着のシャーマンゴーストに5馬身ほどの差をつけて圧勝した。一方、このレースを最後に種牡馬入りするカリフォルニアクロームは、3コーナーあたりから苦しくなって結果9着に終わり、2強決着とはならなかった。勝ちタイムは1分47秒61。

【関連記事】
【福永祐一】 まだまだ化けるカデナでクラシックを
【小牧太】 開幕ダッシュ!今年の太は何かが違う!?
【武士沢友治】 300勝目前! 一頭一頭丁寧に接する
【若手ジョッキー新年会】 優作×恭介×川須×高倉
【ウマい馬券】 亀谷・井内人気予想家陣の勝負予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • スーパーやっちさん
    スーパーやっちさん
     こんなタイミングですが、コメント欄に記載すべき事が出たので、書きます。

     勝ち時計が、1.47.61sから、1.46.83sへと変更になりました。

     実は、レース実施後、勝ち時計について議論が巻き起こり、最終的に トラークス社[Trakus]が計時した 1.46.83sが正式な時計となりました。

    ●その記事のURL: http://www.bloodhorse.com/horse-racing/articles/219578/pegasus-final-time-lowered-to-a-track-record [Bloodhorse.comより]

    2017年02月04日(土)08時11分

    いいね! いいね!:0
  • レリアンさん
    レリアンさん
    来年は日本馬も出走できるといいですね。

    2017年01月30日(月)08時33分

    いいね! いいね!:0
  • invasorさん
    invasorさん
    このお祭り感は日本では実現不可能でしょうね。できるなら地方かな。
    こういう常識を飛び越えた発想がアメリカらしい。いい意味で。

    2017年01月30日(月)08時23分

    いいね! いいね!:0