スマートフォン版へ

障害レースの祭典“チェルトナム・フェスティヴァル”の前哨戦が各所で開催

  • 2017年01月30日(月) 10時55分
 先週末もヨーロッパでは、開催までいよいよ6週間余りとなったチェルトナム・フェスティヴァルへ向けた前哨戦が各所で行われている。

 当初は21日にアスコットで予定されてたものの、馬場凍結で28日のチェルトナムに移設されての開催となったスティープルチェイス2マイル路線のG1・クラレンスハウスチェイスは、1.5倍の1番人気に推されたアンデスコー(騙9)が優勝し、6度目のG1制覇を果たした。次走は、チェルトナムフェスティヴァル3日目のG1・ライアンエアチェイス(芝21F)の予定で、ブックメーカー各社の前売りではオッズ4倍前後の1番人気に推されている。

 同じく28日にチェルトナムで行われたスティープルチェイス3マイル路線のG2・コッツウォルドチェイスは、昨季のG1・ワールドハードルを含めて9連勝だった1番人気(1.44倍)のシクルクラック(騙9)を2着に退けて、15年のG3・グランドナショナル勝ち馬メニークラウズ(騙10、9倍の3番人気)が優勝。4度目の重賞制覇にして初のG1制覇を果たした。ところが、メニークラウズはゴール直後に心臓発作を起こして転倒。突然死するという悲劇が起きている。

 同じく28日にチェルトナムで行われたハードル3マイル路線のG2・クリーヴハードルは、1.91倍の1番人気に推されたユーノウホワットアイミーンハリー(騙9)が優勝。今シーズン負け知らずの8連勝を達成するとともに、5度目の重賞制覇を果たした同馬の次走は、チェルトナムフェスティヴァル3日目のメイン競走となるG1・ステイヤーズハードルで、オッズ2.5倍〜2.75倍の1番人気に推されている。

 29日にレパーズタウンで行われたハードル2マイル路線のG1・愛チャンピオンハードルは、1.9倍の1番人気に推されたプティムーショワール(騙6)が優勝。前走G1・ライアンエアハアードルに続くG1・2連勝を果たした。次走はチェルトナムフェスティヴァル初日のメイン競走として行われるG1・チャンピオンハードルの予定で、オッズ5.5倍〜6倍の3番人気となっている。

(文・合田直弘)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す