スマートフォン版へ

ブラックスピネルが逃げ切り重賞初V! エアスピネルは3着/東京新聞杯

  • 2017年02月05日(日) 16時48分
 5日、東京競馬場で行われた東京新聞杯(4歳上・GIII・芝1600m)は、先手を取ったM.デムーロ騎手騎乗の3番人気ブラックスピネル(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)が、そのまま直線に入ってゴールまで押し切り、中団から追い上げてきた5番人気プロディガルサン(牡4、美浦・国枝栄厩舎)をクビ差退け優勝した。勝ちタイムは1分34秒9(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に1番人気エアスピネル(牡4、栗東・笹田和秀厩舎)が入った。なお、2番人気ヤングマンパワー(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)は6着に終わった。

 勝ったブラックスピネルは、父タニノギムレット母モルガナイトその父アグネスデジタルという血統。前走の京都金杯は差してハナ差の2着だったが、今回は逃げの手に出て見事押し切り、初めての重賞制覇を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
ブラックスピネル(牡4)
騎手:M.デムーロ
厩舎:栗東・音無秀孝
父:タニノギムレット
母:モルガナイト
母父:アグネスデジタル
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:14戦4勝(重賞1勝)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す