スマートフォン版へ

中央競馬史上初!木幡親子4人が同時期に騎手 父・初広「4人で騎乗するのが夢」

  • 2017年02月08日(水) 06時00分
 JRA騎手課程33期生の卒業式が7日、千葉県白井市の競馬学校で行われた。今年は5人が卒業。9日の騎手免許試験合格発表を経て、3月以降にデビューを果たす。

 木幡育也君は初広の三男。初也、巧也と合わせて親子4人が現役騎手となる。兄弟3人が現役騎手としてそろうのは柴田政見、政人、利秋と津曲忠美、幸夫、浩二の例があるが、同時期に父も現役なのは中央競馬史上初となる。模擬レース最終戦では、最後方から3角まくりを決めてV。「まずは兄(巧也)の記録(45勝)を抜いて、新人賞を狙いたい」と目標を語った。父・初広は「4人で騎乗するのが夢。なかなかできることじゃないからね」と目を細めていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す