[海外]ニュース

オーストラリアのシーウィルレインが無傷3連勝でG1の有力候補に

[海外] 2017年02月20日(月)11時18分

注目数:5人
コメント数:10件

 18日にオーストラリアのシドニー近郊にあるローズヒルガーデンズ競馬場で行われたG2・シルヴァースリッパーS(芝1100m)は、シーウィルレイン(牝2、父マンハッタンレイン)が、2着以下に1.1/2馬身差をつけて優勝。1.35倍という圧倒的1番人気に応えるとともに、デビューから記録している無敗の連勝記録を3に伸ばしている。

 G1・AJCサイアーズプロデュースS(芝1400m)勝ち馬で、名種牡馬リダウツチョイスの半弟にあたるマンハッタンレインの、4世代目の産駒の1頭となるシーウィルレイン。1月28日に父の2世代目の産駒の1頭となるウィスキーバロンが、南アフリカの代表的レースであるG1・サンメット(旧名J&Bメット、芝2000m)を制して、産駒によるG1初制覇を果たしたばかりである。

 ワーウィックファームを拠点とするゲイリー・ポーテリ厩舎に所属するシーウィルレインは、12月10日にケンブラグランジで行われたメイドン(芝1000m)でデビューし、ここを8.1/4馬身差で楽勝。続いて12月17日にロイヤルランドウィックで行われたLR・イングリスナースリー(芝1000m)に駒を進め、ここも4馬身差で制していた。

 デビューから3連勝で重賞初制覇を果たした同馬の次走は、3月19日にローズヒルガーデンで行われるG1・ゴールデンスリッパーS(芝1200m)の予定で、ブックメーカー各社は同馬をオッズ4倍〜4.5倍の前売り1番人気に推している。

(文・合田直弘)

【関連記事】
【福永祐一】 Q&A『調教では動かないのに競馬で走る馬は精神的なもの?』
【小牧太】 小牧騎手の黒歴史(笑)読者の声をきっかけに発覚
【デムーロ×藤岡佑介】 弟には尊敬の念とライバル心
【ウマい馬券】 亀谷・井内ら人気予想家陣の勝負予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • レーティング140さん
    レーティング140さん
    サッカーボーイのような馬ですね(笑)

    2017年02月22日(水)14時30分

    いいね! いいね!:0
  • お弟子さん
    お弟子さん
    強そう。(*^.^*)

    2017年02月20日(月)21時31分

    いいね! いいね!:0
  • itayaさん
    itayaさん
    デビュー戦とはいえ1000mで8馬身ちぎるって
    どうなってるんだ

    2017年02月20日(月)20時38分

    いいね! いいね!:4