スマートフォン版へ

武幸四郎騎手、田中博康騎手の現役最後の騎乗馬が決定

  • 2017年02月23日(木) 18時50分
 23日、第2回中山・第1回阪神の1日目、2日目の出走馬が確定。調教師転身のため、2月限りで騎手を引退する武幸四郎騎手と田中博康騎手の現役最後の騎乗馬が決まった。

 武幸四郎騎手は、26日(日)阪神12Rのメイショウオオカゼ(牡7、栗東・南井克巳厩舎)で、松本好雄オーナーの所有馬。GIを3勝したメイショウマンボ(牝7、栗東・飯田祐史厩舎)など、お馴染みの勝負服での騎乗となり、同レースには兄の武豊騎手も騎乗予定。

 田中博康騎手は、同日の中山8Rのミラクルウィング(牡4、美浦・高橋祥泰厩舎)で、こちらは09年エリザベス女王杯(GI)を制したクィーンスプマンテと同じジャングルポケット産駒でのラストランとなる。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す