[生産地]ニュース

1992年の2冠馬ミホノブルボンが老衰で死亡 28歳

[生産地] 2017年02月24日(金)17時00分

注目数:147人
コメント数:132件
「坂路の申し子」ミホノブルボンが老衰のため死去

写真を拡大 写真拡大

「坂路の申し子」ミホノブルボンが老衰のため死去

 1992年の皐月賞日本ダービーを制したミホノブルボンが、22日に老衰のため死亡していたことがわかった。28歳だった。

 同馬は父マグニテュード母カツミエコーという血統で、1991年に栗東の戸山為夫厩舎に入厩した。当初は評価が低かったものの、当時最新の施設だった坂路コースで徹底的に鍛え上げられ、デビュー前から古馬を上回るタイムを連発。「坂路の申し子」と呼ばれ、新馬戦こそ出遅れての差し切りだったが、以後はスピードの違いにものを言わせた先行押し切りで、朝日杯3歳S(当時)、皐月賞日本ダービーと3つのGIを含む無傷の6連勝を飾った。

 秋は初戦の京都新聞杯を制し、距離不安が囁かれつつも菊花賞で無敗の3冠制覇に挑戦。生粋のステイヤー・ライスシャワーの前に敗れ3冠達成はならなかったが、2着は確保して92年の年度代表馬および最優秀4歳牡馬に選出された。

 以後は度重なる故障でレースに出走することなく94年に引退。種牡馬入りしたが、JRAの重賞を勝つ産駒は送り出せず、現在は北海道日高町のスマイルファームで余生を送っていた。

【関連記事】
【中山記念】 休み明けアンビシャスを井内が診断
【中山記念】 コース適性が高いこの3頭で好配当!
【中山記念】 データで浮かび上がった上位4頭は?
【デムーロ×藤岡佑介】 ミルコの騎乗信念とは…
【ウマい馬券】 亀谷・井内ら予想家陣の勝負予想"

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • totototoさん
    totototoさん
    ブルボン。
    何十年も競馬を見てるけど、ブルボンの時ほど勝利を願った菊花賞はないんだよ。
    少し高めの首で、いつも歯をくいしばるように全力ではしっていたね。
    もう一度会いに行きたかった。

    トレセンがまだきちんとトレセンだったころの、素晴らしい馬。

    2017年02月26日(日)22時30分

    いいね! いいね!:4
  • しゃだいさん
    しゃだいさん
    サラブレッドは走る為に産まれてくる。ってよりも、走る為だけに産まれる。騸馬にしてでも走らせるか、血を残すのも使命と大事に使うのか。

    競馬サークル内の事は何も知らないが、現在の先生の中に、戸山氏のような調教師がいるのだろうか。

    2017年02月26日(日)07時40分

    いいね! いいね!:1
  • ゆ?じ♪さん
    ゆ?じ♪さん
    大往生でしょう…お疲れでした…

    2017年02月25日(土)08時06分

    いいね! いいね!:1