[騎手]ニュース

武幸四郎騎手が引退 ラストランは9着「最高の騎手人生を終えられました」

[騎手] 2017年02月27日(月)06時05分

注目数:38人
コメント数:42件
騎手仲間から胴上げされる武幸四郎。右端は笑顔で見守る武豊

写真を拡大 写真拡大

騎手仲間から胴上げされる武幸四郎。右端は笑顔で見守る武豊

 調教師転身のため26日、騎手引退の日を迎えた武幸四郎騎手(38)=栗東・フリー。JRA史上最短記録となるデビュー2日目の重賞勝利から20年、注目された最後の重賞騎乗・阪急杯は10着、ラストライドの最終レースは9着に敗れたが、長身を生かしたフォームでファンを沸かせた。

 セレモニーではファンの声援や、関係者の拍手に包まれた。騎手仲間から胴上げの祝福を受け「最高の形で騎手人生を終えられました。きょう乗っていても馬から教えられたこともあり、その繰り返しの20年でした」と振り返った。

“名人”の遺伝子を受け継ぎ、“天才”を目標に歩んだ幸四郎は、JRA通算9121戦693勝(うちG1・6勝を含む重賞28勝)でステッキを置く。「(最終レース後)馬を止めて帰る時、もう二度とないんだ…と思った。やり切ったし、幸せです。父がいてくれたらとは思うけど、いつもは来ない母さんが最後に来てくれたので。良かったんじゃないですか」。厩舎開業は来年以降を予定。昨年、亡くなった父の遺志を継ぎ、次のステージへと活躍の場を移す。

提供:デイリースポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ゲストさん
    ゲストさん
    調教師としてのレースのデビューを楽しみにしてます

    2017年03月01日(水)00時07分

    いいね! いいね!:3
  • そーまさん
    そーまさん
    色々と問題あったけど
    腕はあった

    調教師として
    第2の競馬人生を歩んでください

    2017年02月28日(火)08時26分

    いいね! いいね!:5
  • 修羅さん
    修羅さん
    早いなぁ、ほぼ同年代の幸四郎が引退とか改めて時の流れを感じます。調教師になっても頑張ってください。

    2017年02月28日(火)04時38分

    いいね! いいね!:5