スマートフォン版へ

ロンジンワールドベストレースホースランキング、アロゲートとウィンクスが1位タイ

  • 2017年03月10日(金) 15時01分
IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表された。

今回の発表は、2017年1月1日から3月5日までに施行された世界の主要レースを対象としている。

ランキングトップは、昨年のランキングでトップだったアロゲートと、牝馬のトップだったウィンクスの2頭で、127ポンド。アロゲートは高額賞金で話題となったペガサスワールドカップを圧勝。また、芝でも昨年のトップだったウィンクスは、アポロステークスで、昨年のランキング8位タイのハートネルに完勝している。

両馬ともに昨年のレーティングには届かないものの、この時期としては、高い評価となっている。第3位は、アポロステークス2着のハートネルで123ポンド、第4位は京都記念を勝ったサトノクラウンで120ポンド。なお、京都記念でのレーティングは、当初119ポンドとしていたが、120ポンドと評価された。

日本調教馬は3頭が掲載され、サトノクラウン以外では、京都記念3着のマカヒキと、中山記念を勝ったネオリアリズムが117ポンドで、第17位タイとなっている。

(JRA発表)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す